おすすめ屋久島ツアー
【羽田・伊丹・福岡・名古屋・神戸出発】 

縄文杉&白谷雲水峡トレッキング付き! 世界遺産・屋久島3日間

53,800円~152,800円

【人気No.1ツアー】3日間で屋久島を堪能 【早得】2ヵ月前の予約で装備レンタル無料!

年越し祭り!
屋久島大満喫4日間

75,800円~165,800円

★年末年始スペシャル・12/29出発
★ひとり旅限定企画!みんなで年越し祭り!初日の出!鍋パーティー!

一人参加限定ツアー・シェア旅 らくらく往復航空便利用!
屋久島大満喫3日間

89,800円~159,000円

世界遺産の地で旅仲間に出会おう! 夕食交流会つき

世界遺産 屋久島縦走 宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡 4日間

99,000円~119,000円

【10月出発】
屋久島の魅力をぎゅっと凝縮!憧れの山中泊!さらに島内観光付き!

日本百名山・宮之浦岳登頂と、 選べるトレッキング屋久島4日間

99,000円~149,000円

世界自然遺産・屋久島の山々の魅力が溢れる4日間!      

あこがれの送陽邸に泊まる!
屋久島フリープラン3日間

59,800円~152,800円

古民家を再生した海辺の隠れ宿
何もしない贅沢がここにある

選べるトレッキング!
気軽に屋久島 3日間

48,800円~143,800円

トレッキング初心者でも安心!
2日目は自分の体力に合ったトレッキングが選べます

屋久島ツアーの決定版!
世界遺産屋久島 完全攻略4日間

60,800円~155,800円

縄文杉&白谷雲水峡・太鼓岩トレッキング付 【早得】2ヵ月前のご予約で装備レンタル無料!!

H.I.S.エコツアーデスクのこだわり

旅行前の準備はこれで万全!

旅マエ

屋久島トレッキングセミナー

長時間のトレッキングには何が必要? 屋久島に何度も足を運んでいるスタッフが、 出発前にお客様の不安を解消致します! エコツアーにご予約済の方だけではなく、 ご検討中の方もぜひご参加ください!
セミナー予約はこちら

より充実した皆様へ!

旅ナカ

安心の現地サポートデスク
~AND(エイ・エヌ・ディ)~

屋久島滞在をしっかりサポート! 荒天時にはツアーの代替案をご提示したり、 交通手段の変更手続きのご相談も承ります。 現地ではサポートデスクは、‘’人と人が繋がる旅‘’ をコンセプトにお客様との交流を大切にしています。

帰ってきてからも旅は続きます

旅アト

毎年12月に開催される同窓会

屋久島からもサポートデスクスタッフや ガイドさんが参加します。昨年は約120名様 で旅の思い出を語り合いました。 旅から帰っても交流は続きます。 エコツアーデスクのスタッフも、 皆様と直接お会いしてお話を聞けるこの機会を とても大切にしています。

環境に優しく、旅を楽しむ。H.I.S.エコツアーデスクの「3つのポイント」

❶ エコツアーデスクは屋久島専門店

なんとスタッフ全員が縄文杉トレッキング経験者。出発前にご不安な事はすべて解決できますし、お客様の旅をしっかりコーディネート致します。また、現地を視察した企画スタッフとサポートデスクが協力し、他の店舗では取り扱っていないオリジナルのツアーをご提案しています。
情報満載の【スタッフのブログ】、フェイスブック【いいね、屋久島】もご覧ください!

❷ 屋久島を知り尽くす現地ガイド

屋久島を知り尽くした厳選現地ガイドが、皆様を大自然の旅へご案内致します。皆様と積極的にコミュニケーションを取って大自然の学びをご提供致します。8名様につき1名のガイド体制をお約束。お客様の安全を第一に、不足の事態があった場合でもサポートデスクが迅速かつ柔軟に対応できるのもエコツアーの強みです。

❸ エコツアーならではの特典!

トレッキングの地図や屋久島の情報、スタンプラリーなどが載ったガイドブックと、お子様には夏休みの自由研究にも使えるフィールドビンゴをご用意しています。環境保全の取り組みとして、「カーボンオフセット」も販売しております。

屋久島に来たらどこへ行こう? ~屋久島オプショナルツアー~

西部林道観光

世界自然遺産に登録されているエリアの「西部林道」を観光します。海岸線近くの亜熱帯の植物から、山岳部の亜寒帯の植物までの植生の垂直分布がられれるポイントにもなっており、自然の豊かさを実感できる素敵な場所です。また、ウミガメ上陸日本一の永田いなか浜も立ち寄ります。到着日から屋久島の大自然を満喫しませんか?

所要時間

到着日の午後~夕食前まで

お一人様

4,000円

島内1周観光

屋久島の面積は東京23区の約8割ほど。
半日の自由時間があったら屋久島を一周してみませんか?屋久島 永田いなか浜、西部林道、大川の滝とガイドのおすすめするスポットに立ち寄り致します。

所要時間

午前又は午後

お一人様

7,000円

リバーカヤック

屋久島最長の川・安房川にて、カヤックをします。カヤックは、左右両方にパドルの付いた、初心者でも安心の乗り物です。緩やかな流れの川の上で、屋久島の自然を感じましょう。ガイドの丁寧なレクチャーで初心者でもすぐに楽しむことができます。

所要時間

午前又は午後 約3~4時間

お一人様

7,500円

シュノーケリング

フィンとマスク、シュノーケルを使って、屋久島の海を観察するツアーです。熱帯性の魚類や黒潮に乗ってやってくる魚たちを見ることができます。運がよければ、ウミガメが見られることがあります。

所要時間

午前又は午後 約3~4時間

お一人様

7,500円

ウミガメ観察・ナイトツアー

絶滅危惧種ウミガメの観察を行います(5月~7月はウミガメの産卵、7月中旬~9月中旬は子ガメの孵化)。天候がよければ美しい星空もご覧になれるでしょう。ぜひ 大自然と生命の神秘を感じてください!

所要時間

約4時間 夕食後~深夜

お一人様

7,000円

宮之浦岳トレッキング

九州最高峰宮之浦岳への挑戦。最も南の日本百名として100番目に数えられる名峰。片道約8km往復約8~10間程度の工程になります。森林限界を超える九州の最高峰の稜線には神がかった奇岩や絶景が待っています。

お一人様

16,000円(2名様催行)

オプショナルツアーご参加の際の注意
■ 宮之浦・安房地区宿泊のお客様のみ送迎がつきます。
■ 他の地区に宿泊のお客様はご自身で安房または宮之浦に集合していただきます。集合時間は前日にガイドよりご連絡いたします。
■ コースの催行及び詳しい案内については、前日の夕方にガイドからお客様の宿泊先または携帯電話にご連絡いたします。
■ 天候や道路事情によりコース内容が変更となる場合があります。この場合のご返金はございませんので予めご了承ください。
■ オプショナルツアーは他のお客様とご一緒になる場合がございます。
■ 各コースに明記されている出発時間及び到着時間は天候・当日の送迎または道路状況により変更になる場合がございますので予めご了承ください。
■ お客様の服装や体力的なもの、また他のお客様のご迷惑となる場合はガイドの判断により当日でもご参加をお断りする場合がございます。その際料金の返金はございません。
■ オプショナルツアー主催会社が他のガイド(他の主催会社)となる場合がございます。
■当商品には「お天気あんしんプラン(降水見舞金補償):ジャパン少額短期保険株式会社」は適応できません
■オプショナルツアー変更・お取消し料 出発の前日から起算して3日前から100%の変更・取り消し料がかかります。ご注意くださいませ。

屋久島観光情報

屋久島MAP
屋久島MAP

❶ 宮之浦岳(みやのうらだけ)

屋久島の中央部に位置する、標高1,936mの山です。屋久島で最も標高の高い山であり、同時に九州本土を含めた最高峰でもあります。山麓はユネスコの世界遺産として登録されており、40以上の固有種をはじめとしたさまざまな動植物の生態系を育む豊かな自然環境を抱えています。 海岸沿いに位置する人里から山頂を臨むことができないことから、現地では「奥岳」とも呼ばれている宮之浦岳。古来より屋久島に住む人たちの山岳信仰の対象になっており、その威厳と美しさから、随筆家で登山家の深田久弥が記した著書「山岳随筆」では日本百名山に選ばれています。

▲mapへ戻る

❷ 縄文杉(じょうもんすぎ)

屋久島の標高500m以上の山地に自生する杉が「屋久杉」と呼ばれていますが、その中で最大級の屋久杉が「縄文杉」です。推定樹齢は約7,200年で、世界最古の植物と言われることもあります。幹周は16.1m、樹高は30mもあり、その存在感は圧倒的。縄文杉という名前の由来は、「縄文時代から生きているから」「うねりのある幹の形が縄文土器に似ているから」など諸説あります。 縄文杉は宮之浦岳の北東部に位置しており、玄関口となる荒川口からは往復で10時間前後のトレッキングになります。屋久島を訪れた方が必ず訪れる、屋久島の顔とも言える存在です。

▲mapへ戻る

❸ 太鼓岩(たいこいわ)

白谷雲水峡の奥深く、標高1,050mの辻峠から20分ほど登ったところにある見晴らしの良い花崗岩の巨岩が太鼓岩です。好天に恵まれれば、眼下に小杉谷周辺、安房川がよく見え、奥に太忠岳、安房岳、翁岳、栗生岳、宮之浦岳などの絶景パノラマを臨むことができます。 辻峠から太鼓岩までは険しい山道を登っていくことになりますが、圧倒的な眺望を目にすれば、これまでの疲れが一気に吹き飛ぶはず。雄大な自然と青々とした空に包まれる瞬間――すべての方に一度は味わっていただきたい、プレミアムな経験です。なお、初めての人はガイドが必要ですのでご注意を。

▲mapへ戻る

❹ 白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)

白谷雲水峡は、屋久島の中央から北部へと流れる宮之浦川の支流、白谷川沿いにある渓谷です。白谷川の透き通るような水と心地の良いせせらぎ、屋久島の魅力である照葉樹林や屋久杉といった人の手が加えられていない原生林を存分に鑑賞できます。 白谷雲水峡では、トレッキングの最中には屋久島と口永良部島にのみ生息する固有種「ヤクシカ」に出会うこともできます。スタジオジブリの長編アニメーション映画「もののけ姫」の舞台になったことでも知られており、こちらも屋久島ツアーの人気スポットです。

▲mapへ戻る

❺ 千尋の滝(せんぴろのたき)

屋久島南東部にあるモッチョム岳の裾野に広がる巨大な花崗岩の岩盤に面している千尋の滝は、多くの滝がある屋久島の中でもよく知られている滝の一つです。落差は約60mあり、滝の南側にある高台(標高270m)からは変化に富んだ屋久島のランドスケープが楽しめます。 屋久島の三大銘瀑の一つで、雨が降った後などで水かさが増している時は、よりいっそう迫力のある滝の姿を見ることができます。千尋の滝へのアクセスは、宮之浦港から車で約50分、屋久島空港からは車で約35分です。

▲mapへ戻る

❻ 大川の滝(おおこのたき))

屋千尋の滝よりも大きな落差(88m)を誇る銘瀑で、大きさ・水量ともに屋久島の滝の中では最大級。吹き上がるしぶきを浴びながら滝つぼの真下まで近づくことができるので、ダイナミックな水の流れと飛び散るマイナスイオンを全身で感じることができるでしょう。 千尋の滝と同じく、雨が降った翌日には滝の存在感が何倍にも増します。水量が多い時は、近くの展望場にも近づけないほどの圧倒的な迫力です。

▲mapへ戻る

❼ ウィルソン株(うぃるそんかぶ)

1586年(天正14年)、牧村の五郎七が足場を組み、豊臣秀吉の命令により大坂城築城(京都の方広寺建立とも)の為に切られたといわれる。 株の中には清水が湧き出ており、内部に祠がある。またこの杉は枝が多く、使い物にならなかった先端部分は、下の沢に放置され、今でも残っている。 周囲は立ち入り禁止区域になっているが、内部には入ることができ、空を見上げると「ハート」型に見えるポイントがある。

▲mapへ戻る

❽ 屋久島灯台(やくしまとうだい)

屋久島の最西端永田岬にそびえるこの灯台は、明治27、8年の戦役により、わが国の領有となった台湾の統治・開発上、日本本土から台湾に至る南方航路整備のため、九州西岸から南西諸島にかけて建てられたいわゆる台湾航路灯台8箇所の一つです。

▲mapへ戻る

❾ ヤクスギランド

ヤクスギランドは、安房川の支流である荒川の上流に位置した荒川原生林が生い茂るエリアのことで、正式には「屋久島自然休養林」と言います。標高1,000mほどのところに入口があり、30分コースから150分コースまで複数のコースに分かれた林内ではそれぞれの表情を楽しむことができます。 屋久杉の巨木がそびえ立つ深い森は、息をのむほどの存在感。樹齢数千年という屋久島の本格的な原生林を思いっきり鑑賞できる地域です。このヤクスギランド、ユネスコが定めた世界自然遺産地域ではありませんが、国立公園第三種特別地域などに指定されています。

▲mapへ戻る

➓ 西部林道(せいぶりんどう)

栗生と永田の集落を結ぶ海岸沿いの道路「西部林道」は、屋久島で唯一、海岸線から世界遺産地域に指定されているエリアです。東シナ海に面した無人地帯に広がる島内最大の照葉樹林群を抱えており、ドライブをしていると野生のヤクシカやヤクザルに出会うこともできます。 屋久島灯台入口の手前まで、約15kmが世界自然遺産地域に含まれており、海岸部から人の手が加わっていない“原始の森”が続いています。道路沿いの「緑のトンネル」を楽しみたい方は、時間をかけて歩いてみるのもよいでしょう。

▲mapへ戻る

⓫ 永田いなか浜(ながたいなかはま)

屋久島西部に位置する、口永良部島をバックに美しい夕日がみられるスポットです。花崗岩が風化した砂浜は青い海と白い波、赤い夕日のコントラストがとても美しく、幅広い年代の方から人気があります。 永田いなか浜は絶滅の危機に瀕しているアカウミガメ・アオウミガメの世界有数の産卵場所としても知られており、うまくいけば5月下旬から7月にかけて産卵のシーンを目にすることができるかもしれません。なお、産卵時に周辺でキャ ンプをすることは禁止されていますのでご注意ください。

▲mapへ戻る

⓬ 平内海中温泉(ひらうちかいちゅうおんせん)

屋久島南部の平内エリアにある、干潮前後の数時間しか入浴ができないという海岸沿いのユニークな温泉です。男女共同浴場となっており、水着では入ることができません(バスタオルの用意が必要)。 海岸沿いの岩場には3つの浴槽があり、少し熱めのお湯に浸かって満天の星を眺める夜の入浴は最高。身も心も癒され、思いっきりリフレッシュできるでしょう。お湯は硫黄泉で、慢性皮膚炎や婦人病、擦過傷、糖尿病などに効果があるとされています。

▲mapへ戻る

屋久島トレッキングの装備について

屋久島トレッキングで留意すべきは「雨対策」です。1ヶ月35日雨が降るといわれるほど、晴れていても突然雨が降り出したり、霧になったりと屋久島では雨に出会うことを前提にした装備の準備が必要です。ゴアテックス性の防水性の雨具・トレッキングシューズは必携。11月以降3月までは日の出前の出発となることが多いので、ヘッドランプや懐中電灯が必要です。また12月~3月上旬は積雪や地盤の凍結の可能性があります。この場合はアイゼンの使用をオススメしており現地でのレンタルも可能です。夏場は汗をかく前に上着を脱ぎ、休憩中は上着を着て体を冷やさないようにするのがポイント!

トレッキングシューズ

ゴアテックス性など防水第一。靴が濡れると体力や体温を奪うことにつながり楽しみも半減します。しばらく履いていない靴は靴底に使われているポリウレタンが劣化していることがしばしばあります。出発前にチェックしておきましょう。

ザック

ザックは25L程度の背負いやすいもの
(全ての荷物を入れて両手をあける事が大切。)

ザックカバー

雨の多い屋久島では必ず必要です。雨が降るとザックの中のカメラなど機器類・携帯電話・財布・着替え・タオルなど濡れてしまうことがあります。

具上下・レインウェア

レインスーツ・ゴアテックス製などの透湿性が高く、動きを妨げない雨具を。防寒着代わりにもなる。傘の使用は自分だけでなく、周りの人に怪我をさせてしまう原因にもなりますのでできる限り使用を控えてください。

服装

雨や汗でも乾きやすい速乾性重視が大事。季節に応じて速乾Tシャツと温度によってフリース・ダウンジャケットで防寒対策を。歩くと汗をかきますので、温度調整することを心がけてください。レインウェアは防寒対策にもなりますので必携です。

軍手・グローブ

暑いときは必ずしも必要ありませんが、けが防止、かぶれ防止、防寒にも役立ちます。

帽子

日よけや防寒用。帽子が飛ばされないよう紐やクリップを付けておくとよい。

飲み物・行動食

屋久島の登山道にはたくさん水場があるので水分補給は天然水でのどを潤すのが一番。その都度汲むことができるのでペットボトル500ml1本で十分です。またトレッキングは有酸素運動でカロリーを消費しますので、飴やお菓子・ドライフルーツなどの行動食があると尚良いです。暑い時期は熱中症対策で塩飴などもあると良いでしょう。チョコは溶けるのでNG。

ジプロックなどジッパー付袋

屋久島は雨が多く、また湿度も高いため、携帯電話・財布・カメラがザックの中でも濡れてしまうことがあります。大事なものは、防水対策が必要です。

その他

タオル・着替え・カメラ・携帯トイレ・ヘッドランプ又は懐中電灯(11~3月の縄文杉トレッキングでは必ずご用意下さい)・ゲーターなど

※サイズが関係するものは事前予約をオススメします。



トレッキングシューズ

ゴアテックス性など防水第一。靴が濡れると体力や体温を奪うことにつながり楽しみも半減します。しばらく履いていない靴は靴底に使われているポリウレタンが劣化していることがしばしばあります。出発前にチェックしておきましょう。

ザック

ザックは25L程度の背負いやすいもの
(全ての荷物を入れて両手をあける事が大切。)

ザックカバー

雨の多い屋久島では必ず必要です。雨が降るとザックの中のカメラなど機器類・携帯電話・財布・着替え・タオルなど濡れてしまうことがあります。

具上下・レインウェア

レインスーツ・ゴアテックス製などの透湿性が高く、動きを妨げない雨具を。防寒着代わりにもなる。傘の使用は自分だけでなく、周りの人に怪我をさせてしまう原因にもなりますのでできる限り使用を控えてください。

服装

雨や汗でも乾きやすい速乾性重視が大事。季節に応じて速乾Tシャツと温度によってフリース・ダウンジャケットで防寒対策を。歩くと汗をかきますので、温度調整することを心がけてください。レインウェアは防寒対策にもなりますので必携です。

軍手・グローブ

暑いときは必ずしも必要ありませんが、けが防止、かぶれ防止、防寒にも役立ちます。

帽子

日よけや防寒用。帽子が飛ばされないよう紐やクリップを付けておくとよい。

飲み物・行動食

屋久島の登山道にはたくさん水場があるので水分補給は天然水でのどを潤すのが一番。その都度汲むことができるのでペットボトル500ml1本で十分です。またトレッキングは有酸素運動でカロリーを消費しますので、飴やお菓子・ドライフルーツなどの行動食があると尚良いです。暑い時期は熱中症対策で塩飴などもあると良いでしょう。チョコは溶けるのでNG。

ジプロックなどジッパー付袋

屋久島は雨が多く、また湿度も高いため、携帯電話・財布・カメラがザックの中でも濡れてしまうことがあります。大事なものは、防水対策が必要です。

その他

タオル・着替え・カメラ・携帯トイレ・ヘッドランプ又は懐中電灯(11~3月の縄文杉トレッキングでは必ずご用意下さい)・ゲーターなど

※サイズが関係するものは事前予約をオススメします。

屋久島の平均の気温と降水量

縄文杉(標高1300m)は約8℃、宮之浦岳(標高1936m)で約12℃下がります。

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

平均最高気温(℃)

21.1

24.3

26.8

30.4

30.6

28.7

24.9

20.9

16.6

14.4

15.2

17.5

平均最低気温(℃)

14.2

17.3

20.7

23.7

24.2

22.6

19.1

14.9

10.6

8.7

9.1

11.1

降水量(mm)

421

441

773

311

269

406

229

303

262

272

286

428

ライブカメラ

鹿児島屋久島町に設置してあるライブカメラ映像です。リアルタイム映像、または静止画で現在の状況が確認可能です。

屋久島宮之浦港ライブカメラ

鹿児島県屋久島町宮之浦の宮之浦港に設置された宮之浦港高速船桟橋・鉈折岳・羽神岳・琴岳が見えるライブカメラです。 提供: 屋久島観光センター

屋久島町太忠岳ライブカメラ

屋久島町太忠岳ライブカメラは、鹿児島県屋久島町の屋久島町内某所に設置された太忠岳が見えるライブカメラです。 提供: インターネット自然研究所

口永良部島永田新岳ライブカメラ

口永良部島・永迫牧場ライブカメラは、鹿児島県屋久島町の永迫牧場に設置された鹿児島県屋久島町が見えるライブカメラです。 提供: インターネット自然研究所


お申込み・お問合せは…
TEL 0570-05-2300
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8
サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:丸山 光洋

Copyright © 2017 H.I.S. inc. All Rights Reserved.