[シルバーウィーク出発マザーハウス×HIS] まゆから草木染めストールづくり モノづくりで感じるネパールの大自然と暮らし6日間 |HISスタディツアー

  • ボランティアツアー >
  • 南アジア・ネパール >
  • 【マザーハウスツアー第2弾】まゆから草木染めストールづくりマザーハウス モノづくりで感じるネパールの大自然と暮らし6日間 【11/18出発】成田・関西・現地発着[その他空港発お見積り致します]
【マザーハウスツアー第2弾】まゆから草木染めストールづくり
マザーハウス モノづくりで感じるネパールの大自然と暮らし6日間 【11/18出発
成田・関西・現地発着[その他空港発お見積り致します]

195,000円 ~344,000円

 

旅行代金:大人お一人様/2名1室利用時/燃油サーチャージ含む)
ツアー代金には4,000円相当(2016年10月認可分)の燃油サーチャージが含まれています。
※表示代金の他に国内空港施設使用料及び海外空港諸税(8,500円/2016年10月現在)等が別途必要です。
※日程表スケジュールは2016年10月現在のものです。



dtailimg

出発地を選択してください。

このツアーの関連記事▼
「モノ作りの源流をたどり、ネパールの自然で染める世界でたった一つのストールを作ろう」

スタッフ添乗レポート 前編後編 

【イベント報告】マザーハウスネパールツアー ストールお披露目会

▼マザーハウス特集ページが完成しました!


類似ツアー
素顔のモルディブに出会う6日間
ブータン王国ハ県の地域に根ざした観光開発 ツアー7日間
世界でいちばん幸せな国から学ぶ!教育&福祉研修デンマーク8日間

交流・ボランティア環境・カルチャーサステナブル割引アリ空港集合大阪発 

お申込みはこちら

特徴

特徴

Characteristic

【MOTHERHOUSE×H.I.S】バングラデシュツアーに続く人気企画第2弾

- ツアーポイント - 
 
1. 蚕の繭づくりから草木染めまでオリジナルストールづくり
2. 未来』を創る女性たちを訪問 手紬と手織りを体験
3. ストールの源流 養蚕の村で生産者と交流
4. 雄大な自然のなかをハイキング 大自然を楽しもう
5. 現地に駐在する マザーハウスカントリーマネージャー が案内


「マザーハウス」だけが企画できる旅

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、2006年に代表取締役兼チーフデザイナーである山口絵理子氏が創業した総合ファッションブランド『マザーハウス』。
 
ファストファッションや安い食材等が日本で流通すればするほど、途上国の劣悪な労働環境を生み出しているという問題は広く日本でも知られてきているかと思います。その中でマザーハウスは「途上国で、現地の文化やモノ、人々を尊重しながら共に働き、自社の事業を展開させる」というビジネスを実践し、そのモデル作りに成功をした企業です。
 
バングラデシュに続く第2の挑戦の地、ネパールでマザーハウスが取り組むモノづくりを体感します。

- 代表・山口絵理子の思い -
 
ネパールで私たちはストールを2009年から作っています。
ネパールの1番の魅力的な素材は何か?と聞かれたら「ロウシルク」と応えます。その光る素材をお客様に届けるために、現地では蚕を育てるところから、糸にして、布を作り、染めて、タグを縫う、全ての工程に関わり、ネパール発の世界に誇れるプロダクトを作っています。
このツアーでは、モノ作りの源流を辿りながら、ネパール最大の魅力である豊かな自然で染色をするという経験ができます。 私自身もそうであったように、流れの早い時代の中で、モノを見つめ、更に自分を見つめる貴重な経験になるのではないかと思っています
1. 途上国の可能性を肌で感じる
「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」これがマザーハウスの理念です。
「途上国」という言葉で一括りにされた場所にも素晴らしい資源と可能性があることをみなさまにも感じていただける機会をご提供したいと思いました。

2. リアルな現場
現在ではストールを通してたくさんのお客様に途上国の可能性をお伝えすることができるようになりました。
ですが実際に現地を訪れて、自分の目で見て、体で感じ、生のコミュニケーションをすることでしか知り得ない「途上国」の現実があることも事実です。

3. 「ストール作り」を一緒に
そこで、みなさんご自身の手で、ものづくりをしていただき、生産者と一緒に世界で一つだけのストールを作っていただくツアーを企画しました。実体験を通じて、途上国で「ものづくり」をすることの楽しさ、難しさ、そして可能性を感じていただけるツアーです。 

 

「世界にひとつ」オリジナルストールづくり

マザーハウスの商品のひとつであるローシルクストールは、ネパールで養蚕された繭を、手紡ぎ手織りし、化学染料を使わず自然の材料だけで染めるストールです。ほかのストールよりも、とにかくすべてが「手仕事」で、養蚕、糸の紡ぎ、織り、染め、とすべての工程は、1つの大きな工場ではなくそれぞれ異なった場所で、それぞれのコミュニティによって行われています。蚕から繭へ、繭から糸へ、糸から生地へと何人もの生産者が関わり、繋がり、生まれるストール。
 
ツアーのメイン企画は世界でひとつのオリジナルストールを作り。草木染めの工房で実際に染色体験に挑戦!

まずはどんな色に染めたいか染色液を決めるところから始まります。アカネやウコン、ザクロにクルミ。様々な染色液から皆様が好きな色を見つけてください。絞りをつくったり、グラデーションにしたり。お店には売っていないような個性的な柄にもTRYしてみませんか?
同じ緑でも色の調合や漬ける時間の長さで全く違うものになる。それが自然の草木染め。最終日にはお手伝いしてくれたスタッフの方も招き完成したストールのお披露目会も開かれます。

✿添乗員レポートはこちら▶ 前編後編 
 

未来を創る女性たち 糸紡ぎと織りの工房を訪問

蚕から糸を紡ぎ、機を織る工程では、女性生産者たちを訪問します。
工房では実際に作業を見せていただき、その後は皆さんにも糸紡ぎや織りの工程にチャレンジしていただきます。見た目よりもずーっと難しい作業。このプロの手作業から上質なストールが生まれます。

彼女たちはとっても明るく、こちらまで元気になってしまうそんな魅力があります。
その秘訣は…きっとひとりひとりが『自分の仕事』に誇りを持って向き合っていること。

女性たちをまとめる一人の女性がいます。 Community Trade Link代表、モヒ二・マハラジャンさん。
ネパールにおいて女性は法的にも地位が低く、お仕事を得ることが出来ないなどの社会問題が存在します。

彼女は弁護士として女性の自立支援活動を続けており、その一環として養蚕と絹糸作りを進め、女性の自立のための収入確保の手段として、ネパール国内での養蚕ならびに絹糸づくりに注力してきました。マザーハウスとのストール作りを始めてから変わったことは…?
 
彼女たちがつくるのは、マザーハウスのストールだけではなく、ネパールモノづくりの未来、そしてネパールの女性の未来を創っているのではないでしょうか。

【ワークショップ開催】
テーマ:ネパール女性の働きをみて。日本の未来の企業のあるべき姿を考えよう。

養蚕の村を訪ね、生産者たちと交流

カトマンズの市内から四輪駆動車で3時間。ストール作りの全てのはじまり、蚕を育てる村は都市部のせわしない雰囲気とは全く異なる、のどかで自然豊かな場所にあります。

2015年4月25日にネパールを襲ったマグニチュード7.8の巨大地震により蚕を育てていた小屋は崩れ、手塩にかけて育てた繭は、みんな孵化し、いなくなってしまうなど大きな被害が出来ました。
村の人はどんな思いで蚕を育て、震災を乗り越えてきたのでしょう。施設を見学しながら村の人たちと交流をしましょう。


ネパール地震に対するマザーハウスの取り組みはこちら
※蚕の時期は5月・10月となり、2月・11月の出発では養蚕の様子を見ることが出来ません。
村人お宅訪問等別のプログラムをご用意しております。(時期により訪問をする村が変わります。)
蚕を育てる小屋を訪問(5月)
蚕を育てる小屋を訪問(5月)
民家にお宅訪問しお話をお伺いします(2.11月)
民家にお宅訪問しお話をお伺いします(2.11月)
初日のヨガでネパールを早速体感 桑の葉をつむお仕事を体験 村人からの大歓迎も ネパールの自然のなかハイキング 願いをのせた5色の旗、タルチョ ネパールの寺院見学も お勧め:オプショナルの遊覧飛行(イメージ)

ツアーの案内人:マザーハウス ネパールカントリーマネージャー 田口ちひろさん

ツアーでは、マザーハウスネパールカントリーマネージャーの田口ちひろさんが皆さんをご案内します。日本国内の店舗スタッフから、バングラデシュ駐在を経て、ネパールのストール事業を担うマネージャーを任された田口さん。現地と日本を行ったり来たりしながらの生活には多くの苦労や困難があったといいます。
 
普段から生産者、職人たちとともに働く彼女の同行だからこそ、参加者の皆さんがネパールで体験できること、気づき、知ることのできることが沢山あります。
 
-経歴-
 2010年 株式会社マザーハウス入社、店舗勤務を経て、バングラデシュ駐在
2011年 ネパール駐在
2012年 バングラデシュ駐在
2013年以降 バングラデシュとネパールを往復しながら現場を管理

マザーハウスの紹介


「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、 2006年に代表取締役兼チーフデザイナーである山口絵理子が創業した総合ファッションブランド。 
バングラデシュの自社工場では特産品であるジュート(黄麻)や牛革を使用したバッグ・小物を生産。またネパールでは自社工房でストールを生産している。そしてインドネシアでは線細工を用いたジュエリー、スリランカでは輝く石があしらわれたジュエリーを生産。 2016年10月現在、直営店として日本に19店舗、台湾に6店舗、香港に1店舗展開中。



●○●<ツアー説明会/無料>MOTHER HOUSE モノづくりの源流をたどる ~ネパールの草木染め体験、世界に一つだけのストール作りの旅へ~●○●

ツアーをよりイメージ出来るよう、まずはネパールについて知ることから始めましょう。説明会では過去ツアー同行者のマザーハウススタッフが登壇。ネパールでのモノづくりとな生活をお話しします。

マザーハウス X H.I.S.
マザーハウスのモノづくりとネパールの大自然と暮らし トークイベント
●会場:マザーハウス本店(秋葉原駅徒歩15分)
●日時:6/10(土)10:00~12:00
【無料・入退出自由】
詳細・予約はこちらへ>マザーハウスホームページ

   

ボランティア・スタディツアーデスクは日祝営業しております。お気軽にご来店、お電話でご相談ください。ボランティア経験豊富なスタッフがお待ちしております。

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
営業時間:

平日11:00-19:00, 土曜11:00-18:00, 日祝11:00-17:30

 

お申込みはこちら

お問い合わせ

スタディツアーデスクへのご予約・お問合わせ

 03-6836-2551 / 03-5360-4733

※スタディツアーはスタディツアーデスク以外の店舗ではお取扱いしておりません。お問合わせ先にご注意ください。

営業時間:平日 11:00~19:00 / 土・日・祝 10:30~18:00(ご来店は11時より受け付けます)
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:百瀬 創


旅行企画・実施

株式会社エイチ・アイ・エス
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー11F
観光庁長官登録旅行業第724号(社) 日本旅行業協会正会員

search

ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm