「奄美の大自然」と「旧暦の知恵」から「日々を生きぬくヒント」を学ぶ 3日間 | HISスタディツアー

  • ボランティアツアー >
  • 日本・鹿児島 >
  • にほんまなびあそび@奄美カレッジ日本学美遊美  奄美観光大使・山中順子が導く 「奄美の大自然」と「旧暦の知恵」から「日々を生きぬくヒント」を学ぶ 3日間 【シェア旅・一人参加限定】 
にほんまなびあそび@奄美カレッジ
日本学美遊美
 
奄美観光大使・山中順子が導く

「奄美の大自然」と「旧暦の知恵」から
「日々を生きぬくヒント」を学ぶ 3日間 

【シェア旅・一人参加限定】 

78,000円 ~114,000円

旅行代金:お1人様・相部屋利用 
導き人:写真家で奄美観光大使・奄美手帳の作者である旅のプロ・山中順子氏と共に島を歩きます。 

dtailimg

出発地を選択してください。


 

募集終了しました。


お探しのツアーが見つからない場合は、お電話でご相談ください。

特徴

特徴

Characteristic

にっぽんまなびあそび(日本学美遊美大学)@奄美カレッジとは・・・

にっぽんまなびあそび(日本学美遊美大学)とは、写真家・山中順子氏の活動を表現したもので、日本文化伝承を目的とし、「美しさを学ぶ」×「遊びながら美しい心を育む」ことをコンセプトに、もともと日本人がもっていた「価値観」「哲学」「自然観」に触れる「講座」が組み込まれた「大学」にみたてたプログラムのことです。

学びの舞台は、「旧暦に生きる島・奄美群島」。よって、「奄美カレッジ」と名づけました。
奄美カレッジでは、旧暦に寄り添う島として、様々な「神事」が今もなお残ることから、「自然」×「神」×「暮らしの知恵」に焦点を当て、「日本の原初」と言われる「価値観」「哲学」「自然観」に触れます。

ツアーでは、「大自然」「長寿」「薬食同源(医食同源)」「シャーマニズム」「ユタ神」「神事」「旧暦」「大島紬」「黒糖焼酎」
などあらゆるキーワードの中から、奄美を知り尽くした山中順子氏が、キーワードをピックアップし、「都市部で日々を生きぬく力」へとつなぎます。

学びのプログラムだけではなく、食事にもこだわり、「奄美アユールベーダー」こと季節に寄り添ったお料理や節句の「サンゴン」(食事)をいただきます。

奄美観光大使・写真家・山中順子氏 【みなさまにメッセージ・・・旅でまなぶとは】

鹿児島県に位置する8つの島々を奄美群島といいます。長寿世界一として名を馳せた泉重千代、本郷かまとを輩出した長寿の島。
写真家として奄美100歳の長寿者に魅せられ16年間通いつづけ学び遊びをしてきました。
都会育ちの華やかな女流カメラマン時代を経て、長寿者と寝起きを共にし、島に寄り添い語り合い島暮らしも...。

「長寿食」「旧暦」「島唄」「大島紬」「黒糖焼酎」「自然」「集落」「島口」「ユタ神」など南の島の独自の文化、雄大な大自然と遊び、旧暦くらしで学んだ野生の知性、人生を変えた出逢いの数々は日本の知恵と伝統に辿り着きました。歴史の狭間で色濃く残った「原色の島 奄美」多様なメニューで訪れる人を優しく包み導きます。

「世界自然遺産登録候補地として注目を集める奄美」 
今日の出逢いが皆様の人生の1ページとして豊かな時になれたら幸いです。どうぞ、生きる知恵をそれぞれに持って帰ってください。
 
【職業と肩書き】 写真家、大島紬クリエイター、133代奄美観光大使、奄美ふるさと100人応援団、一般社団法人 道草塾 理事、株式会社徒根屋 代表(長寿食研究・地域ブランディング)
【経歴】週刊誌、グラビア、スポーツ紙にて女優、作家、格闘家等、著名人など人物の撮影を行う。

2000 年から奄美群島の100歳を撮り続け写真家として活動を始める。長寿を支えた「シマの世界観」や祈りと食と暮らし、聖地やユタ(シャーマン)、旧暦の祭り、人と自然と神々が共に暮らす時空間、自然界の多様な生命のさんざめきなどジャンルを越境した独自の表現で注目を集める。死から生を見つめる奄美のコスモロジー(人々が暮らす小宇宙)「母なるシマ、生命の島」に響き活動中。
 
2007 年より徒根屋 物産事業として奄美群島や離島のブランディング、日本ブランドを中心にデザイン、商品開発、販売プロモーション等を手掛ける。大手百貨店での「長寿の島奄美のさしすせそ」物産展プロデュース。
 
2009 年 写真集「奄美100歳 母なるシマ、生命の島」発行、旧暦ダイアリー 奄美辞典「奄美手帳」発行、国内外で写真展を開催し、地域ブランディング講師や講演活動など現在は奄美シマウタ伝承、大島紬伝承活動に力を注ぐ。 

旧暦に寄り添うとは?奄美の神事とは?

神事の一つ「サンガツサンチ」(旧暦の3月3日女性の節句)
神事の一つ「サンガツサンチ」(旧暦の3月3日女性の節句)
奄美には、2つの暦があります。
一つは太陽を軸にした新暦、もうひとつは月を軸にした旧暦です。
月の満ち欠けとともにある暮らしが今でもトケコム奄美大島。
少しでも旧暦を身近に感じていただくため、今回は月の満ち欠けである旧暦の1日と15日に近い日を設定しました。
自然神の信仰も暮らしに溶け込んでおり、神事が多く残っています。
小さいころから身近に自然に感謝し、自然と共に生きる知恵が沢山あり、旧暦や自然に寄り添った生き方がそこにはあります。
祭り、踊り、食や慣わしが集落や島で伝承され続けています。

21世紀の情報社会であっても、グーグルやインターネットでは決して検索できない、出逢いがこの旅の中にあります。

重要文化財のお屋敷で頂く「サンゴン」とは?

サンゴンとは、滋養を高める野草などを取り入れた「お祝い膳」=「奄美の正月料理」のことです。
お酒は奄美の伝統「黒糖焼酎」、長寿の島を支えてきた発行飲料「ミキ」米とサツマイモからつくります。
南西諸島の神秘の島 聖地 奄美のたゆたう時を存分にお召し上がり頂き、食と暮らしを体感できるプログラムです。
「サンゴン」を盛り立てる脇役にも長寿の秘密・先人の知恵が光ります!
天皇陛下に「いまいちど」と言わせた名物料理「ケイハン」 土盛海岸の透き通る海 ちゃぷちゃぷ素足で歩きます 大自然のパワースポット 生き方・遊び方の伝道師 大切にされる高齢者 山中順子氏の16年にもおよぶ奄美への取材 染めるモノは、絹、綿、麻など自然素材 奄美の神々ユタ

● 事前交流会 〜 大自然の神々からいのちを学ぶ〜 ●


奄美の出発前に、山中順子氏を囲み交流会を行っております。

時間:昼または夜
場所:お問い合わせ後、ご案内します
会費:1000円~5000円

参加者は奄美に行かれる方、奄美にご興味がある方、まなびあそび旅にご興味のある方
大自然、生命、風土、南西諸島に興味のある方、今回の旅に参加出来ないけれど触れてみたい方出逢いと人脈をひろげたい方なども対象です。

募集終了しました。


お探しのツアーが見つからない場合は、お電話でご相談ください。

お問い合わせ

スタディツアーデスクへのご予約・お問合わせ

 03-6836-2551 / 03-5360-4733

※スタディツアーはスタディツアーデスク以外の店舗ではお取扱いしておりません。お問合わせ先にご注意ください。

営業時間:平日 11:00~19:00 / 土・日・祝 10:30~18:00(ご来店は11時より受け付けます)
※2017/04/01より営業時間が変更となります。 
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:百瀬 創


旅行企画・実施

株式会社エイチ・アイ・エス
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー11F
観光庁長官登録旅行業第724号(社) 日本旅行業協会正会員

search

ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm