屋久島縦走 宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡 屋久島 4日間 |H.I.S.エコツアー

  • エコツアー >
  • 国内ツアー・屋久島 >
  • 【最も南の日本百名山】屋久島の魅力をぎゅっと凝縮!さらに島内観光付き!最も南の百名山・宮之浦岳登頂と、縄文杉、白谷雲水峡へ世界遺産 屋久島縦走宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡 4日間

【最も南の日本百名山】

屋久島の魅力をぎゅっと凝縮!さらに島内観光付き!
最も南の百名山・宮之浦岳登頂と、縄文杉、白谷雲水峡へ


世界遺産 屋久島縦走
宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡 
4日間

99,000円 ~119,000円

(旅行代金/お1人様)有効期間中であっても予告なく販売を終了することがございます。
8日前を過ぎたお申込は、お電話(03-5360-4810)でお問い合わせください。
レベル:中上級 【コース難易度:C級(ただし歩行時間は10~12時間) ガイドレシオ:D級(参加者7~8人に対しガイド1名)】

H.I.S.エコツアースタッフは全員が屋久島トレッキング経験者です。また、宮之浦岳登頂の経験者も5名おります。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

≪関連ツアー≫
★山泊ではなく日帰りで宮之浦岳登頂へ!
★ヤクスギランド&太忠岳、白谷雲水峡&太鼓岩、から選べるトレッキング!2回目の屋久島にも最適。

宮之浦岳登頂と、選べるトレッキング 屋久島4日間

dtailimg

出発地を選択してください。

>>海外登山・トレッキングツアー一覧はこちら
>>国内登山・トレッキングツアー一覧はこちら
>>大自然満喫ツアー一覧はこちら
>>環境保全・復興ツアー一覧はこちら
>>家族におすすめツアー一覧はこちら

お申込みはこちら

特徴

特徴

Characteristic

宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡の3つのスポットを制覇!

◆宮之浦岳

1993年に世界自然遺産に登録された屋久島のほぼ中央にそびえ立つ、標高1936mの宮之浦岳。
日本百名山の一つに数えられる九州最高峰は険しく、頂上への道のりも一筋縄ではいきませんが、登山道には壮大な自然のドラマが凝縮されていて、忘れられない山行となるでしょう。

◆縄文杉

屋久島に自生する樹齢1000年以上の杉を「屋久杉」と呼びますが、その中でも最大級の大きさと樹を誇る巨木です。推定樹齢は約2000年~7200年とも言われており、幹周りは16.4m、樹高は25.3mもあります。縄文杉はウィルソン株や大王杉の近くにあり、深い森の中で見る者に圧倒的な存在感を与えています。

◆白谷雲水峡

屋久島の中央から北部へと流れる、清流・白谷川に沿った渓谷です。
屋久島にには約600種類の苔が確認されていますが、そのほとんどを白谷雲水峡で観察することができます。
くぐり杉や七本杉などに、屋久島の自然の力強さを感じながら、苔むす森を目指します。
映画もののけ姫の舞台になったとも言われている苔むす森は、雨が降ると霧の色まで緑色に変化し、幻想的な雰囲気に。ヤクシカがひょっこり出てくることも!


◆屋久島の魅力を凝縮した縦走コース

 

屋久島縦走ツアールート

屋久島が世界自然遺産に選ばれた所以は、植物の垂直分布です。
麓の沿岸部は
ガジュマルや照葉樹が見られる平均気温20℃近くの亜熱帯。
一方で標高1936mの山頂部は、花崗岩とヤクシマダケ(ヤクザサ)が広がる北海道のような亜寒帯。

冬場は縄文杉ルートでも雪が積もり、山頂部は深い雪に閉ざされて人を寄せ付けません。
まるで日本列島のすべての自然と気候が凝縮されているかのような島、それが屋久島です。

白谷雲水峡からウィルソン株、縄文杉を越えて、新高塚小屋(又はテント)で寝泊まりすれば、屋久島ツアーに参加した仲間たちと一緒に大自然のもとで一夜を過ごす体験ができます。

 

翌日は宮之浦岳に登頂し、奥岳付近に花崗岩が織りなす光景を抜け、淀川登山口に下山するツアー行程です。宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡の各コースは日帰りもできますが、山中に泊ることで、3つの名所を効率よく巡るのがこの縦走コースの最大のポイントと言えるでしょう。
 

登山1日目  ~白谷雲水峡とウィルソン株、そして人の少ない時間帯に縄文杉と対面~
ツアー行程 白谷雲水峡(苔むす森)~辻峠~トロッコ道~ウィルソン株~縄文杉~新高塚小屋または高塚小屋
歩行時間 約9~10時間(06001600頃

1日目は、白谷雲水峡入口からスタート。透き通るような清流や、苔に覆われた岩、ヤクジカが現れることもある「最も屋久島らしい空間」。新緑の木漏れ日でキラキラと光る滴と苔のコントラストがとても美しく、足を止めて思わずシャッターを切りたくなる場面が何度も登場します。
天気が良ければ太鼓岩に立寄ります。向かう屋久杉の森や、宮之浦岳、海をも見渡す光景は息をのむほど。
トロッコ道を歩き、ウィルソン株の内部に入りハート型の切り株を実感したら、その後は夫婦杉・大王杉を巡り、辿り着いた先には樹齢7200年とも言われる縄文杉との出会いでハイライトを迎えます。
日帰り行程では多い時で1000人もの方が押し寄せて渋滞となりますが、山中泊の場合は夕方の落ち着いた時間帯に縄文杉を眺めるため、静かな空気の中でゆっくりと縄文杉のオーラを感じることができます。

夜は山小屋又はテント泊。どちらになるかは混雑状況次第のため、到着するまでのお楽しみ♪
ガイドが準備する夕食と焼酎のお湯割りで温まりながら、今日の縄文杉や、明日の宮之浦岳の話題に花が咲きます。 
しかし、紛れもなくそこは世界自然遺産エリア。 鹿の鳴き声や、深い森の息吹を感じながら眠りにつきます。


※白谷雲水峡の入山協力金(300円)はお客様各自でお支払いください。森林保護の維持の目的に使用されます。 


登山2日目  ~九州最高峰・宮之浦岳に登頂し、洋上アルプスを体感!~
ツアー行程 高塚小屋または新高塚小屋~宮之浦岳(1936m)~投石平~花之江河~淀川登山口へ下山
歩行時間 約10~11時間(05:001600頃

2日目は、いよいよ最も南にある百名山・宮之浦岳へ!
屋久島には九州最高峰の宮之浦岳を筆頭に高い山々がそびえ立ち、
なんと、1000m以上の山が45座も!
円形~五角形に近い屋久島を沖合から眺めると、海に山があるように見えることから「洋上のアルプス」と呼ばれています。山頂からは晴れていれば360度の大展望。海はもちろん、遠く開聞岳や桜島まで見渡せる大パノラマ!


栗生岳や翁岳を眺めながらヤクザサの道を進み、花崗岩の奇岩・奇石に目を奪われながら、
ロープ場を何箇所か越えていきます。高層湿原の南限に位置する花之江河(はなのえごう)では、湿性植物を育む湿原が広がり、疲れが癒されるでしょう。


屋久島は雨が多く、
「ひと月に35日雨が降る」と書かれるほど。山間部の年間降水量は8000~10000mm。太古の森と花崗岩の間を通り抜けた水は、超軟水に仕上がって流れ出すため水場も豊富。そんな清流「淀川」を越えたら淀川登山口に下山。 「下山したくない」そんな声が必ず聞こえるほど世界自然遺産の素晴らしさを全身で感じる2日間です。
 

※朝食弁当・昼食弁当・夕食の食材などはガイドがご用意致しますが、各自分担でザックにお入れ頂きます。
※寝袋(シュラフ)・シュラフマットは各自ご持参ください。
◆山中泊の為に、寝袋(シュラフ)・マット・防寒着が必要です。
装備をレンタルされる方は、弊社スタッフまでご相談ください。

★重要★
天候や諸条件を考慮し、ガイドの判断により、登山行程を変更(逆回り等)や短縮(宮之浦岳登頂の断念)とさせて頂く場合がございます。その際は代替行程にてご案内致しますが、返金などは致しかねますので予めご了承ください。

 

GREEN TRAVELER H.I.S.エコツアー 屋久島縦走 オススメポイント!

◆屋久島の魅力をさらに深く知り、もっともっと満喫するために~島内観光~

宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡ルートはもちろん登山がメインですが、屋久島の魅力はトレッキングだけではありません。最終日には、半日で島内を一周し、ガイドの案内で島の成り立ちや地形・文化・暮らしを学べる貴重な機会。
唯一、車で通れる世界遺産エリア・西部林道は、木漏れ日の間でヤクジカやヤクザルが日向ぼっこしている癒しの空間。
落差88mを誇る大川の滝(おおこのたき)は、日本の滝百選に選ばれている、大迫力の滝。
千尋の滝(せんぴろのたき)を眺めると、巨大な花崗岩の一枚岩を一望できて、島の成り立ちを実感できます。
登山だけではなく自然と人々に触れ、屋久島旅行すべてを充実させるポイントです! 
 

◆参加者同士、同じ経験を共有できる喜び

GREEN TRAVELER H.I.S.エコツアーの屋久島縦走には、一人旅、ご友人、グループ、親子(2世代・3世代)、ご夫婦、新婚旅行の方など、さまざまなお客様がご参加されます。年代は20代~70代まで、お住まいや職業も様々ですが、和気藹々とした雰囲気が特長です。皆さま同じ目的・志で参加されているので、初日の夕食頃には早々に意気投合されています。感動的な体験を共有できるというのが、人気の秘密です。


◆オリジナル特典付き

①屋久島トレッキングガイドマップ
②GREEN TRAVELER タグ 古紙を使用しており、森林保全・地球温暖化対策に配慮したツアータグ。

◆前旅(まえたび)◆屋久島トレッキング講座、開催!!

初めて屋久島へ行かれる方(縄文杉、白谷雲水峡コース)向けのご案内はもちろん、
屋久島縦走(宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡)へ参加を検討されている方へのポイントや登山装備など、
屋久島ツアー添乗も経験豊富なスタッフがご案内致します!
●参加資格:GREEN TRAVELER(H.I.S.エコツアー)にお申し込み済みの方は無料。
●参加方法:事前予約が必要です。下記オンラインページよりご予約ください。
説明会予約・日程確認はこちら 

◆旅中(たびなか)◆予想外の悪天候にもしっかりと対応

H.I.S.エコツアーでは屋久島に現地サポートデスクを設置しており、何かあった場合でも迅速かつ柔軟に対応致します。過去には一度だけ、悪天候(強風とアラレ)により途中撤退せざるを得なかったこともありました。
本来であれは山中泊のため麓の宿も無い状態ですが、お部屋と食事の用意、翌日からの代替ルートの立案、交通手段確保など、最善を尽くしました。宮之浦岳には登頂できなかったものの、山中1泊で縄文杉を堪能し、結果的に屋久島トレッキングを3日間体験するという濃い日程となりました。
※代替行程にてご案内する場合も返金などは致しかねますので予めご了承ください。

◆後旅(あとたび)◆年末に同窓会を開催予定!

GREEN TRAVELER H.I.S.エコツアーにご参加頂きました皆さま、ガイド、添乗員などが東京に集合。
4回目の開催となりました2016年12月には、約120名様の皆さまがご参加!
懐かしい仲間やガイドと再会し、屋久島の思い出話から、次の目的地の話題まで大いに盛り上がりました♪
 

屋久島縦走で見られる風景

太鼓岩から、宮之浦岳を望む ※晴天時のみ (イメージ) ヤクザサの大海原と、花崗岩が点在する山頂付近(イメージ) 白谷雲水峡・苔むす森(イメージ) 花崗岩とヤクザサが広がる、宮之浦岳付近の光景。(イメージ) 最南端の高層湿原・花之江河[はなのえごう](イメージ) ヤクシマシャクナゲのつぼみと、ヤクザサの織りなす風景(イメージ) 縄文杉(イメージ)

GREEN TRAVELER H.I.S.エコツアーデスク 屋久島・専属ガイドオフィス ㈱AND(エイ・エヌ・ディー) 
 

≪関連ツアー≫
★山泊ではなく日帰りで宮之浦岳登頂へ!
★ヤクスギランド&太忠岳、白谷雲水峡&太鼓岩、縄文杉から選べるトレッキング!2回目の屋久島にも最適。

 日本百名山・宮之浦岳登頂と、選べるトレッキング 屋久島4日間

お申込みはこちら

お問い合わせ

エコツアーデスクへのご予約・お問合わせ

0570(05)2300または 03(5360)4810 / 03-5360-4733

※エコツアーはエコツアーデスク以外の店舗ではお取扱いしておりません。お問合わせ先にご注意ください。

営業時間:平日(4月~9月) 11:00~19:00、(10月~3月)10:00~18:00 / 土・日・祝(通年) 10:30~18:00(ご来店は11時より受け付けます)

住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:丸山 光洋


旅行企画・実施

株式会社エイチ・アイ・エス1
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー11F
観光庁長官登録旅行業第724号(社) 日本旅行業協会正会員

search

ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm


屋久島特集

小笠原特集

ニュージーランド特集

スイス特集

マレーシア特集

パラオ特集

パラオ特集

パラオ特集