第2回「世界を撮る、写真を旅する」旅×写真講座 お知らせ

エコツアープロデューサーの鮫島です。旅する時の必需品のひとつがカメラ。写真撮影は旅と切っても切れない関係です。私自身も仕事柄、ツアーパンフレットやWEBサイトで利用する写真のために、風景・自然・動物・文化遺産・食・人々など様々な被写体を撮っています。最近はスマホの技術も向上し、一眼レフを持たずに旅行をされる方も増えてきましたが、それでもやはり一眼レフでしかできない写真撮影がまだまだあります。今回、ネイチャー&ワイルドライフフォトグラファーとして世界120ヶ国を旅しながら写真を撮り続け、数々の名作や著書を出している野村哲也氏を講師に迎えて、写真撮影会を開催します。一眼レフをお持ちの方はもちろん、これから一眼レフに挑戦してみたい方にも一眼レフ(SONY α)を無料で使用できますのでぜひお気軽にご参加ください。

第2回 写真×旅講座「世界を撮る、写真を旅する」一眼レフ実践講座

第1部:明治神宮にて野外撮影会
野村哲也氏と共に、風景、野鳥や植物などの被写体の見つけ方や構図など、プロの技を体感してみましょう。

第2部:写真講評会
撮影した写真を野村氏より直接アドバイスをもらい、今後のステップアップに繋げてみましょう!
野村哲也氏が利用する一眼レフカメラSONY「α(アルファ)」の無料貸し出しもあります。
※数に限りがありますので人数が多い場合、共有していただく場合があります。

開催日:2月4日(土)10:00~13:00
定員:先着20名限定
受講費:3,000円
持ち物:一眼レフカメラ(機種は問いません)、筆記用具
場所:明治神宮 ※現地集合(お申込の方へ別途集合場所のご案内をお送りします)
特典:猿田彦珈琲

【講師】


野村哲也(のむら・てつや)
1974年、岐阜県生まれ。“地球の息吹”をテーマに、北極圏、南米、南極などに被写体を追い求める。2007年からチリのパタゴニア、2010年から富士山&熱海、2012年から南アフリカ&イースター島と2年ごとに住処を変える移住生活を開始。今までの渡航先は120ヶ国に及び、秘境ガイドやTV出演、マスコミのアテンドに携わる。国内では写真を織り交ぜた講演活動を続け、著書は多数。13作目となる最新刊は「ナミブ砂海(福音館書店)」。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、植物、屋外、自然
鮫島卓(さめしま・たく)
1973年、鹿児島県生まれ。H.I.S.テーマ旅行企画プロデューサー。H.I.S.著書『世界の絶景さんぽ』編集長。学生時代から56ヶ国を旅したバックパッカーで、H.I.S.入社後は海外旅行の販売・ツアー企画を担当後、モンゴル建国800周年記念事業実行委員会事務局長としてモンゴル駐在を経験、その後ハウステンボス再生事業を担当。現在はエコツアー・スタディツアー・世界一周旅行・秘境旅行などテーマ旅行を統括。2015年から地域主体の持続可能な観光開発のコンサルタントとして、ブータン王国「ハ地域」での地域振興にも取り組んでいる。

申し込みはこちら

【野村哲也氏同行ツアー】
★ネイチャー&ワイルドライフフォトグラファー野村哲也氏と行く
ブータンの原風景と文化にふれる写真紀行7日間

The following two tabs change content below.
Samesima

Samesima

世界50ケ国を旅した中から自ら感動した旅を多く伝えたい! 旅行者・訪問地。旅行会社みんながハッピーになれる旅を創造したい!それが私たちのスピリッツ!私たちとワクワクする旅に出かけましょう!