ハーバード社会起業大会(SECON)スタディプログラム

  • ボランティアツアー >
  • 北米・中南米・南極・アメリカ >
  • 【ボストン発着/グランドラピッズ発着】 ※航空券別途ハーバード社会起業大会参加                        &コレクティブ・インパクト・シティ先進事例視察ハーバード社会起業大会(SECON)スタディプログラム2017【1】 ボストン&グランドラピッズプログラム【2】 ボストンプログラム【3】 グランドラピッズプログラム
【ボストン発着/グランドラピッズ発着】 ※航空券別途
ハーバード社会起業大会参加
                        &
コレクティブ・インパクト・シティ先進事例視察

ハーバード社会起業大会(SECON)
スタディプログラム2017


【1】 ボストン&グランドラピッズプログラム
【2】 ボストンプログラム
【3】 グランドラピッズプログラム

73,000円 ~176,000円

旅行代金:大人お一人様/2名1室利用時)
【現地発着】 航空券はツアー代金に含まれておりません。
■ボストン&グランドラピッズ: 176,000円(学生166,000円)
ボストン: 73,000円(学生68,000円)
■グランドラピッズ: 103,000円(学生98,000円)

※日程表スケジュールは2016年12月現在のものです。
※申込締切: 2月19日(日) ※2月20日(月)ツアー催行判断予定
◆スタッフ全員がスタディツアー経験者!お気軽にお問い合わせください

dtailimg

出発地を選択してください。

★ 説明会開催のお知らせ ★

日時   : 2月14日(火) 19:00~20:30 (18:30 開場)
場所   : 東京ボランティア・市民活動センター 会議室A
参加費  : 無
申込先  : http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j45myptvkh.html

*今回は第3回目の説明会になります。
 
インターン・スキルアップ先進視察5日以下空港集合英語使う

募集終了しました。


お探しのツアーが見つからない場合は、お電話でご相談ください。

特徴

特徴

Characteristic

プログラムの特徴

★ 世界最大級のソーシャル・ビジネスの年次ギャザリング「ハーバード社会起業大会(SECON)」に参加
★ トランプ大統領就任後の世界のソーシャル・ビジネスの方向性を知ることのできる貴重な機会
★ コレクティブインパクトを実践するミシガン州グランドラピッズ市を訪問、官民一体となった地元経済活性化の現場を視察
  (社会起業家やNPOとのミーティングも行います)

★ グランドラピッズ市では、コレクティブインパクトを推進するNPO法人ローカル・ファーストの全面協力
★ ご予算、ご日程に合わせて3通りの参加方法!①ボストン&グランド・ラピッズ、②ボストン、③グランドラピッズ

ハーバード社会起業大会(SECON)とは?

「ハーバード社会起業大会(SECON=Social Enterprise Conference)」は、2017年3月25日(土)、26日(日)に開催される予定の世界最大級のソーシャル・ビジネスのイベントです。ハーバード大学の大学院であるビジネス・スクール(経営学)とケネディ・スクール(行政学、開発学)の学生達が運営主体となっています。世界で社会問題となっている大きな課題をテーマとしたセッションが数多く組まれており、プレゼンテーションだけでなく、ワークショップやケーススタディを使用したディスカッションなど両大学院の実際の教室で行われます。

コレクティブ・インパクト・シティ(=グランドラピッズ市)とは?

地域における共通の社会問題を多くのステークホルダーと協力して解決していく手法を用いている都市。ミシガン州グランド・ラピッズ市は、地元経済の活性化と持続的な成長のために、多くのステークホルダーが課題解決に向けて協力し合っています。NPO法人ローカル・ファーストを中心に、行政、企業、教育機関などが連携して地元経済の持続的な成長に協力し合っています。企業の中には、株主利益だけではなく事業に関係するステークホルダーの利益を優先する地元の認定Bコーポレーションも協力しています。

過去参加者の声

■ 「ソーシャル・イノベーション、社会起業、ハーバード、、かっこいい言葉の響きと好奇心に魅かれて軽い気持ちで参加したツアーでした。しかし、アメリカで待っていたのは重い現実に情熱をもって立ち向かう起業家の「思い」でした。そして、苦闘する現場の「本気」や創業者の「魂」といったものに触れることができる機会は本当に貴重なものでした。圧倒される一方、「どう生きるべきか」「社会に対して果たす役割は何か」といった自分への長年の問いへの答えが少しは見つかった気がしました。見て感じて考える・・・そして語り合った仲間は将来への投資になっていますし、私もこのツアーに参加してことをきっかけに、NPO法人日本公共利益研究所を設立し活動を始めました。ツアー前はまったく想像もしなかったことです。ここだけの話(笑)。」
                                                                                                       本プログラム2010年参加の西村健さん(NPO法人代表) 

■ 「2014年に参加しました。当時は新卒でメーカーに勤めていて、何がしたいかわからず、仕事や人生へのヒントを求めてこのツアーに参加させて頂きました。たくさんの社会的企業の現場や、新しい人々の意見に触れることで、自分の考え方や働き方、ひいては生き方の小ささに気づかされると共に、もっと自由に挑戦しようという勇気と決断をもらえました。今は大学での研究員や、NPOの職員として多様な社会的事業に関わっています。自分の人生とは何かを問い続ける方、誰かのために働きたいと思う方が、新しい洞察を得るのに最適なツアーだと、自信を持ってお勧めします。」
                                                                                             同2014年参加者女性(NPO法人職員兼教育機関研究者)

■ 「2010年にツアーに参加してから私は人生が大きく変わりました。アメリカでの衝撃的な経験、一緒に参加したメンバーの皆さんとの出会いから、自分の中の人生の幅が大きく変わり、仕事もプライベートも一緒に成長していくことができました。あまりに出会いが大きすぎ、2012年にも参加。それ以来、参加年度を越えたメンバーと、最高の友人関係が続いています。」

                                                                                                 同2010年および2012年参加の吉川晶子さん(私立高校教師)

■ 「私は、2014年度のツアーに参加しました。ツアーの良かったことは、現場を知る機会と理論を学ぶ機会の両方あったことです! ツアー前半はソーシャルセクターの現場で普通だったら出会えない方々から生の声を聴け(知る)、後半は大会で起業家や研究者の話をなるほど!」と思いながら聴けました(学ぶ)。特に大会では、日本ではまだ広まっていない専門的な話を聴けたのは、今の自分にとって役にたっています。ツアー終了で終わりではなく、その後も続く“ゆるやかなコミュニティ”でも多様な参加者(縦×横)から多くの情報が入り学び続けることができます!」

                                                                                                                   同2014年参加の野本仁さん(経営デザイナー)

■ 
「2014年、2015年、2016年と3回参加させて頂いて、2017年も参加予定の福田博樹です。ハーバードの大会では毎回、日本には無い全く新しい発想の学術的な発表から知的な刺激を受け、現地のNPOや団体では、起業家や創業メンバーの方々から直接お会いして生の現場のお話を聞いて新たな発見とシンパシーを得ることができる素晴らしいスタディツアーです。是非一緒に参加しましょう‼」 
                   
                                                                                     同プログラム2014年、2015年、2016年参加の福田博樹さん(農業起業家)

旅の同行人 雨宮 寛 氏

「社会起業家の父」ビル・ドレイトンが創設したアショカ制作のDVD「アショカ社会起業家シリーズ」の日本語版制作に携わり世界の社会起業家に精通。慶應義塾大学経済学部卒。コロンビア大学ビジネススクールMBA(同校交換留学生として仏HEC短期留学)およびハーバード大学ケネディスクールMPA。コーポレートシチズンシップ代表取締役。マイクロファイナンス運用会社DWMアセット・マネジメント日本代表。明治大学公共政策大学院兼任講師(CSR/社会起業論担当)および法政大学現代福祉学部兼任講師(ソーシャルファイナンス論担当)。過去、複数の外資系金融機関において運用商品の企画・商品開発に従事。「暴走する資本主義」「あなたのTシャツはどこから来たのか?」等共訳書多数。2016年12月に新共訳書「最後の資本主義」(ロバート・B・ライシュ著)を出版。
 
過去プログラムの様子 Teach For Americaが協力する中学校 ハーバードケネディスクール 訪問先での対話

●○●土日祝も休まず営業♪経験豊富なスタッフがいつでもご相談に乗ります!●○●
 

ボランティア・スタディツアーデスクは日祝営業しております。お気軽にご来店、お電話でご相談ください。ボランティア経験豊富なスタッフがお待ちしております。

ボランティア・スタディツアーデスク

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
営業時間:平日 11:00~19:00 / 土曜日 11:00~18:00 / 日曜日・祝日11:00~17:30
TEL 03-6836-2551

募集終了しました。


お探しのツアーが見つからない場合は、お電話でご相談ください。

お問い合わせ

スタディツアーデスクへのご予約・お問合わせ

 03-6836-2551 / 03-5360-4733

※スタディツアーはスタディツアーデスク以外の店舗ではお取扱いしておりません。お問合わせ先にご注意ください。

営業時間:平日 11:00~19:00 / 土曜日 11:00~18:00 / 日曜日・祝日11:00~17:30

住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:小林健一


旅行企画・実施

株式会社エイチ・アイ・エス
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー11F
観光庁長官登録旅行業第724号(社) 日本旅行業協会正会員

ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm

団体の皆様

スマホ版へ

よくある質問

初めての方へ

タイプ別おすすめツアー

中高生編

学生編

社会人編

ブログ

ツイッター

旅カレッジ

メルマガ登録

体験投稿

マンガで見る旅のトラブル

海外旅行保険

H.I.S. CSRレポート

 

 

お問い合わせ スタディツアー 03-6836-2551

旅のオーダーフォーム

学生必見!今年もやります。出世払い

こんなにお得!旅行費用積み立て

旅人塾

ウムラ巡礼ツアー

H.I.S.バリアフリーデスク

H.I.S.海外発航空券デスク

テレコムスクエアならお得で安心!



RSS Feed Widget


サンプル スタディツアーパンフレット