屋久島へ研修に行ってきました!

屋久島へ研修に行ってきました!

こんにちは!エコツアーデスクの安倍です。

本日は6月末に行ってきました、屋久島の同行研修のレポートをしたいと思います!

特に、縄文杉のトレッキングと白谷雲水峡トレッキングのおすすめポイントや、

わたしが屋久島に行って感じたことをお話しようと思います!

 

羽田空港から出発し鹿児島空港に到着後、まずは高速バスへ乗り換えます。

写真は、高速バスのチケット売り場です。空港を出て右側に進むとチケット売り場があります。

分かりやすく地図も運賃表も掲示しているので簡単にチケットを購入することができました。

チケット売り場

その後13時10分鹿児島港を出発する高速船に乗って、屋久島(宮之浦港へ)向かいました。

私は高速船の待合所で船弁を購入して、船内で昼食をとりました。

実は船弁を食べるのが今回が初めてで、いくつか種類がある中で桜島灰干し弁当を買ってみました。

お弁当のおかずには、桜島鳥の柚子胡椒焼きや桜島灰干しなどで見た目の割には食べ応えがありとてもおいしかったです。

高速船で屋久島へ向かわれるお客様はぜひご賞味くださいませ!

お弁当

鹿児島到着後は、屋久島ツアーでお手配しておりますお宿巡りをしました。

写真のように路地にある民宿が多く、外観から趣きがり、お宿のかたもとても気さくで親切な方ばかりです。

八重岳本館入り口

2日目から4日目にかけては、海がめの産卵場所として有名な「永田いなか浜」屋久島で唯一車で通ることができる世界資源遺産地域の「西部林道」、「縄文杉」「白谷雲水峡」へ行ってきました。

 

永田いなか浜はとても静かで、海の水もとてもきれいでした。7月~8月の夏休みの時期は海水浴へ多くの方でにぎわうそうです。永田いなか浜は海がめの産卵で有名な浜なので、運がよければもしかすると海がめと遭遇できるかもしれません!

田舎はま   海がめ

縄文杉へは早朝4時に起床後、6時ごろから荒川登山口からトレッキングを開始しました。

片道約12キロで往復12時間かけてゆっくりトレッキングをしました。

とろっこ道スタート 小杉端

途中何度も休憩をはさみながら、参加者の皆様に無理がかからないような速さで進んでいくので、初めての方も安心です。

とはいっても、屋久島は一年を通じて雨がとても多い地域なので場合によっては、雨に打たれながらのトレッキングになることも・・・私がトレッキングに参加した日は降ったり、止んだりで、雨具を着たり脱いだり、折りたたみ傘をさしたり閉じたりと少々忙しかったのですが、苔や木々が生き生きしていました。

雲かかった橋 白谷雲水峡

樹齢7000年の縄文杉の大きさは本当に圧巻で、大人12人ほどが手をつないでやっと縄文杉を1周できる大きさのようです。

縄文杉

白谷雲水峡は、もののけ姫の舞台となった苔むす森がある場所で、片道3キロ1時間半ほどのトレッキングコースです。

前日が雨だったことから、苔がとても青々しており本当にきれいでした。触るとフワッフワで気持ちよかったです。

映像で見ていた世界を自分の目で見ることができた時は本当に嬉しかったですし、きてよかったと思いました。

この感動をぜひ、みなさまにも味わっていただきたいです。

苔むす森 苔と沢 白谷苔

 

帰りは屋久島から鹿児島まで飛行機で向かい、上空からは開聞岳や桜島を見ることができました。

飛行時間は30分なのでらくらく移動でき、鹿児島空港での乗り換え時間も短く快適に過ごせました。

飛行機から屋久島

鹿児島へ行った際は、縄文杉、白谷雲水峡はぜひ訪れて頂きたい場所ですが、空港から徒歩10分の樹林というカフェや、同じく空港から徒歩10分ほどのところにあるぷかり堂というお土産さんへも、足を伸ばしてみてください!

ぷかり堂は、レンタルサイクルが3時間500円~できるのでご利用してはいかがでしょうか・・・!!

 

 

The following two tabs change content below.
Abe

Abe

●主な業務 手配 ●得意分野 屋久島 ●主な渡航歴 カナダ、タイ、シンガポール、タイ、モンゴル ■お客様へ一言 お客様にとってかけがえのない思い出になるように、旅に出て良かったと心から思ってもらえるように一つ一つ丁寧に取り組みます。