果たして利尻山は本当にあるのか・・・?パート2 

ダウンロード (5)

「利尻山は本当はないのではないか・・・」と声が漏れていた礼文島トレッキングでしたが、
さて!今日はいよいよ利尻山登山です

グループを2つにわけていざ登山開始
登山口で準備体操をして、いざ出発です
歩き始めてほどなくして甘露泉水が・・・!
冷たい水、とっても美味しく感じました

ダウンロード (10)

歩き始めは小雨が続きましたが途中からはやみ、風もそこまで強くなく登り続け・・・。
終始霧に囲まれながらの登山。
ですが、私自身もとても楽しみながら登れた山でした。

利尻山でも本当にたくさんの花に出会いました。
ガイドの渡辺さんは、植物の名前の由来や、利尻島との関係などとからめてお話してくれるため、
記憶に残ります。
花の名前が覚えきれないほど次から次へと花が目に入ってきます!

ダウンロード (6) 01

02 ダウンロード

ダウンロード (1)

そして9合目。ここからが正念場!といくつも看板がありました・・・。

何が待ち受けているんでしょうか・・・?

ダウンロード (8)

最後の最後、足場の悪いところをぬけてついに山頂です!

無事登頂し、集合写真!

ダウンロード (2)
みなさんいい笑顔です

下山途中は、一瞬霧が晴れ、礼文島や稚内もみえました

ダウンロード (4)

 

 

全員怪我なく下山し、夕飯時にはまたまた美味しすぎる夕食!
お誕生日の方がいたので、登頂祝いもかねてサプライズケーキも。

 

ダウンロード (9)

美味しくご飯を食べていると、少しずつ天候が回復し、ついに・・・

利尻山の姿があらわれました・・・!

ダウンロード (5)

滞在する宿泊施設「ペンションレラモシリ」の庭から利尻山の姿が見えるんです

贅沢な景色でした。

 

稚内から羽田に帰る飛行機からも利尻山の姿が。

ダウンロード (7)

 

利尻山登山は、訪れる度に咲いている花も変わり、景色もガラッと変わり、
何度足を運んでも飽きない、とガイドさんが言っていたのが印象的でした。

今回は快晴ではなかったですが、
だからこそ凛と咲く愛らしい花に元気をもらえ、楽しめたのではないかと思っています。

訪れる度に異なる顔を見せる利尻山登山、

来年も引き続きツアーを行う(予定)なので是非是非お申し込み、お待ちしております♪

 

他の月に同行したスタッフのブログはこちら!>★利尻山ツアーレポート★

The following two tabs change content below.
なかお

なかお

好きなこと:旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞、楽器演奏(ベース・ピアノ)、メタル 自称マレーシア(コタキナバル)通。 時間を見つけてはマレーシアに遊びに行きます。 一人ひとり自分らしくいられるよな場所・機会になるようなツアーをつくっていきたいと思います!