カナダインターン・流れとホームステイについて| H.I.S.スタディツアー



年間を通じて人気の高いカナダ・バンクーバーインターンシップ&ホームステイ。留学ほどは長く時間が取れないけれども、ボランティア活動を通じて生きた英語を身につけたいという方が参加をしています。

更にはバンクーバーという都市も人気のポイント。
世界で住みやすい都市の一つとして常に上位にランクインするこの街は、山や海に囲まれた自然豊かな場所です。
そして何よりも治安の良さが初めての海外旅行である高校生から大学生、そして主婦世代やシニアの方にと幅広い世代に人気!

しかしその反面、とっても質問が多い。その理由は…

普通のツアーと異なり、現地ではひとりで行動をしなくてはいけないから!!!

バスが毎日迎えに来てガイドが案内したり、食事先へお連れすることもないこのインターンシップツアー。一人でも大丈夫◎事前の準備で不安を取り除きましょう!

 

写真で解説!現地での流れ

H.I.S.のカナダインターンシップツアーは空港着後からホームステイ先まで日本人スタッフによる送迎が手配されています。(※H.I.S.スタッフではございません。ドライバー1名のみとなります。)

そこでは明日からの活動先の話しや生活に関するオリエンテーションを実施。
(状況のより、電話ではなくホストファミリー先で待機をし、オリエンテーションや御顔合わせとなる可能性もございます。)

また活動初日にはデイケア最寄のバス停(または駅)から日本人スタッフが付き添いオリエンテーションまで同行します。

更に!!高校生は活動2、3日目は、電話で活動の様子をデイケアに確認して、状況を見守る安心ケアサポートがつきます。


  ①空港からホームステイ先までの流れ


①空港でのお出迎え
送迎スタッフは日本人。
H.I.S.のロゴが目印です。


②明日の時間等、電話で確認
合流後すぐに空港内で送迎スタッフの電話で、翌日の施設同行スタッフとお電話にて翌日の待ち合わせに関する最終確認をしてもらいます。

③ホームステイ先へ(混乗となります)
送迎車に乗車後、ドライバーより生活
オリエンテーションを受け、ホスト先まで
向かいます。 ※混乗の可能性があり、他のお客様をお待ちいただく可能性もございます。

④質問も受け付けます
家族に会う前に聞いておきたいことや不安なこと、質問をしてみましょう。バスの乗り方なども日本語で確認でき安心◎

⑤ホームステイ先へ到着
到着後、ファミリーに対面。送迎スタッフがしっかり御顔あわせの対応をします。「勝手にどうぞ」なんてことはありません。 

⑥ルールの説明を
お家に入って自己紹介や各部屋の案内、ルールの説明をホストよりうけます。スタッフが一緒に聞き、通訳をするなどご案内します。



 ②保育インターン初日の流れ(福祉も同様)


①スタッフと施設最寄駅で待ち合わせ
昨日電話をし打ち合わせをした日本人スタッフと待ち合わせ(基本は施設最寄りの駅)をし、合流。バンクーバー到着から今朝迄のこと(ホームステイ先でのこと)を伺いながら活動先へ。

②オリエンテーションを一緒に
この活動先に到着後、同行スタッフが間に入り、自己紹介や先生からのデイケアの1日の流れの説明を一緒にうけます。(この後日本人スタッフは帰ります。)

③活動開始
指示に従い早速活動へ! 子どもたちと折り紙をしたり、外遊びをしたりとインターン活動をします。




ミスマッチが起こる前に!ホームステイのあれこれ

実はトラブルが多いホームステイ。
「こんなはずじゃなかった」「想像と違う」「家族がずっと一緒にいてくれない」など様々。
「白人で子供もいて、週末はキャンプをして、金曜日の夜はお母さんの手料理のパーティ!」なんてまるでホームドラマのようなイメージしている方も?

ミスマッチが起こるその理由は文化を理解していないから!

何よりも郷に入っては郷に従え。

日本の習慣は持ち込まず、カナダの生活習慣を理解し合わせることから始めましょう。


その1:「お客様」ではなく「家族の一員」そして「As you like & It's up to you !」


あなたはゲストではなく家族の一員として受け入れられます。
自分から家事の手伝いをしたり、食べた食器は片付けるなど率先して動いてみましょう。

そして日本人にありがちなのが、聞いてもらえる、気を使ってもらえることをひたすら待ってしまうこと。欧米の文化として自分の考えや意思をはっきりと示すことは大切です。
困ったことや不満なことがあっても伝えないままでは「これで満足している」と思われてしまいます。またホームステイ受け入れは欧米ではビジネスとしてよくあることなので、気を使ってくれることやもてなそうとされることも多くはありません。
積極的に交流をし、思いも伝えましょう。
 

その2:カナダは人種のモザイク。そして家族の形も色々。


多民族国家カナダは別名人種のモザイクともいわれと言われるほどいろいろな国からの移民で支えられています。その為受け入れ先の家族も、実はアジア系やメキシカンの方など様々で白人の方とは限りません。もちろん会話は英語、ネイティブの方も多くいます。
また家族の形も様々。シングルマザーの家もあれば、おじいちゃん、おばあちゃんの2人暮らしの家も。カナダの文化や背景を感じることができるはずです。(※人種差別に繋がる為白人のホストファミリー指定等は出来ません。)

その3:食事は比較的質素


食事は朝昼晩とホームステイ先で準備がされます。ホストファミリーによりメニューが異なり、自分の好みを聞いてくれる家庭もありますが、基本的にはその家で出されたものを頂くのがルールです。アレルギーなどで特別なリクエストがある場合は、事前にお知らせください。
一汁三菜と豊富なメニューを出すことが当然とされる日本料理比較をすると、カナダの家庭のカナダの家庭の食事は質素な場合が多く、毎日バラエティに富んだ食事はあまり食べません。手抜き料理だった!と帰国後感想をいただくことがありますが、それが通常のカナダでの食事。 怠慢ではないのです。
【朝食】シリアルやトーストなど自分で用意して食べるのが一般的です。(家族が用意することも)
【昼食】サンドイッチ・ジュース・フルーツ・生野菜スティックを用意してくれる家庭が多いです。
【夕食】5時~6時にとるのが一般的で日本に比べ食事の時間が早いです。手料理ではなくファストフードや前日の残り物ということだってあります。

 

家庭のルールを事前に確認!~日程表でご案内するもの~

◆家庭のルールを知る◆
円滑に、お互いが気持よく過ごす為にそれそれの家庭にあるルールを事前にお知らせします。
気になることや、伝えたいことがあれば初日のオリエンテーション時などにしっかりと伝えましょう。

※ ↑クリックすると拡大します

◆その他◆
●ホストファミリーインフォメーション
気になることや、伝えたいこ最終日程表では宿泊するホストファミリーに関する個人情報(名前・年齢・職業・住所など)、インターネットの有無、ペットの有無、一言コメント、ダウンタウンへの行き方などが記載された書面
●マップ
家からダウンタウン、活動先への行き方をそれぞれお渡しします。
※他にもルートはありますので必ずホストファミリーに各自確認をお願いします。

よくある Q&A

≪活動編≫
Q1 _ 英語力に自信がありません。問題ないでしょうか。

A1 _ 中学生から高校生レベルの語彙力があれば大丈夫◎大切なことは≪自分の考えや意思≫を伝え、コミュニケーションを取ろうとする姿勢。ただし先生の指示等聞きとらなくてはいけない場面もあります。せっかくのチャンス、勉強をして挑みましょう!
おススメ☛英会話レッスンのオプション(5,500円)もございます。是非ご活用ください!

Q2 _ 保育ツアーと福祉ツアー、どちらが英語力が必要?

A2 _ 大きくは変わりませんが多少保育の方が苦手な方にはお勧めかもしれません。シニアの方はよく話すので英会話を楽しみたい方は福祉がお勧め。

Q3 _ 保育ツアーと福祉ツアー、それぞれ特に気をつけることはなんですか?

A3 _ 保育の場合、必要以上に子どもにべたべたと触れることや写真を撮ることはNGです。また、駄目なことは駄目としっかりしかることが求められます。想像以上に先生たちはマナーや言葉遣いに厳しい為、それを念頭に施設へ行きましょう。福祉の場合、大切なことは≪リアクションをすること≫です。単に頷いたり、いいですね、という反応だけでは「私の話しに興味がないのかしら…」と思われることもあるので、質問返しをし、どんどん会話を楽しみましょう。

Q4 _ 活動先までのバスや電車の代金はいくらくらい?

A4 _ 公共交通機関の交通費は1回=片道(90分)につき、1zone2.75カナダドル、2zoneで4カナダドルです。(約350円)ホストファミリーがオリエンテーションでどこで購入するかなど教えてくれます。

Q5 _ 活動を保育と福祉、MIXすることは可能!?

A5 _ 15日間の場合可能です。是非お問い合わせください。

Q6 _ 活動時間を減らすことは可能?早めに切り上げて買い物に行きたいです。

A6 _ 可能です。活動はどちらも午前8時から午後6時までの間の約6時間。その時間は施設やその日によって変わります。早く切り上げてい場合は積極的に施設側に相談をしてみましょう。しっかり伝えればOKという場合はほとんどです。

Q7 _ 海外旅行保険の加入は必須?カード付帯ではだめ?

A7 _ 最大の理由は施設で活動にあたり、人を傷つけたモノを壊したなどの<損害賠償>に備えるためです。加入していない方は活動出来ません。カード付帯の場合、損害賠償が含まれていないことが多々あります。必ず付帯内容をご確認下さい。


Q8 _ 他に持って行ったほうがいいものはありますか?

A8 _ 雨が降っても気にせず外で遊ぶので雨合羽があると便利◎あとは日本の文化を紹介できるものがあるとGOOD。(折り紙、ローマ字で書いた童謡、紙芝居、歌など)

Q9 _ 英会話レッスンのレベルはどのくらい?

 

A9 _ マンツーマンレッスンの為、個々人のレベルに合わせて実施が可能です。特にテキストもない為、スピーキングを中心に、文法を中心になど要望があればぜひ事前にスタッフまで御相談下さい。現地へ予めリクエスト致します。現在お使いのテキストなどあればお持ちいただいても結構です。特にご希望などがない場合には、レッスン時に先生と会話をしながら、先生がお客様の弱点などを見つけ、発音や文法などを直していくというような内容になります。

≪生活編≫
Q1 _ 携帯電話は借りた方がいいですか?

A1 _ 緊急時に備え、電話が使えると便利です。例えば道に迷ってしまった、施設への生き方がわからなくなってしまった時等に実際電話を使用された方が過去にいらっしゃいます。それ以外はWI-FI環境があるスポットであれば問題ありません。

Q2 _ 全体でかかる費用はどのくらい?

A2 _ 別途かかるのは、カフェなど3色以外の食費、交通費、お土産代となります。目安としてカフェラテは1杯4.75カナダドル(約400円)ほど。お土産代金にもよりますが3~4万円+クレジットカードがよくある形かと思います。


Q3 _ 週末はどうすごしますか?オプショナルツアーはいつまでに申込ばいい?

A3 _ 家族と過ごすかどうかはホストファミリー、そして参加する皆様次第(積極的にどこかへ行こうと声をかける等)となりますので、きまった過ごし方はありません。オプショナルツアーは現地でも申込可能ですが、夏休み等は直前では空いていないケースもございます。必ず参加がしたいツアーがあれば出発前にスタッフまでご連絡下さい。

Q4 _ わからないことがある。ホームステイ先で困ったことが…どうすればいい?

A4 _ いつでもH.I.S.バンクーバー支店へお電話や来店でご相談下さい!帰国ではなく、その場で解決できることも沢山あります。
週末のオプショナルツアーの御相談や、ダウンタウンの観光、お店の場所等もご案内致します♪(土日祝お休み)

◆ツアーページはこちら◆

バンクーバー保育アシスタント7日間

バンクーバー保育アシスタントティチャー15日間

バンクーバー福祉施設インターン7日間

バンクーバー福祉施設インターン15日間

 


ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm

団体の皆様

スマホ版へ

よくある質問

初めての方へ

タイプ別おすすめツアー

中高生編

学生編

社会人編

ブログ

ツイッター

旅カレッジ

メルマガ登録

体験投稿

マンガで見る旅のトラブル

海外旅行保険

H.I.S. CSRレポート

 

 

お問い合わせ スタディツアー 03-6836-2551

旅のオーダーフォーム

旅人塾

H.I.S.バリアフリーデスク

H.I.S.ネイチャーワールド

H.I.S.海外発航空券デスク

H.I.S. × 宇宙