生活・観光情報メディア企業にて新企画立案インターンシップ スリランカ9日間|H.I.S.スタディツアー(インターンシップ)

  • ボランティアツアー >
  • 南アジア・スリランカ >
  • 【学生限定】SPICE UP×H.I.S.一週間で英語で仕事ができるようになる!社会で結果を出し、生き抜く力を身につけよう! 短期海外インターン スリランカ9日間 【8/5(土)、8/19(土)、8/26(土) 9/2(土)、9/9(土)、、9/18(土)】出発【定員16名】
【学生限定】SPICE UP×H.I.S.

一週間で英語で仕事ができるようになる!
社会で結果を出し、生き抜く力を身につけよう!
短期海外インターン スリランカ9日間 
8/5(土)、8/19(土)、8/26(土)
 9/2(土)
、9/9(土)、、9/18(土)】出発【定員16名】

209,000円 ~229,000円

パスポート未取得でも予約OK 
商品有効期間:2017/04/05~2017/09/01まで
旅行代金:大人お1人様/2・3名1室利用時/燃油サーチャージ含む)
今後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金の変更はございません。
※尚、表示代金の他に成田空港施設使用料・空港保安料及び海外空港諸税が別途必要となります。 
※日程表スケジュールは2017年04月現在のものです。 

dtailimg

出発地を選択してください。

インターン・スキルアップ8日以上英語使う

お申込みはこちら

特徴

特徴

Characteristic

ツアーポイント

皆さんはbook smart、street smartという言葉を知っていますか?
 
book smartとは学識や学歴があるが、社会で結果を出せるかはわからない人
street smartとは学識はないが、社会で結果を出し、生き抜く力を持っている人

今はstreet smartな人材が求められています。

日本の学校教育では教えてもらったこと(input)を適切にoutputすることが重視されています。しかし、社会で求められることは、input力でも、output力でもなく、結果(outcome)を出す力です。

このプログラムでは1週間という短期間ではありますが、結果を出すことにフォーカスしたプログラムです。皆さんにはどんどんストリート(街中)に出て、営業や企画の取材をしていただきます。


 
ツアーポイント 
1、street smartな人材育成プログラム
良い結果(outcome)を得るにはinputとoutputが不可欠!!
サッカーが上手くなるには、良質な指導者からのinputは大事ですが、それに従い、繰り返し練習(output)しなければ、試合で結果を出すことはできません。
本プログラムではこれまで皆さんがinputしてきた英語をどんどんoutputしていただきます。実際にサッカーの練習をしたり、試合に出ないと何ができていないのか、何が足りないのかはわかりないように、
スリランカ人に英語で話しかけ、経営者を相手に英語での商談(output)を繰り返し、
結果(outcome)を出すことを目指していただきます。

2、営業職の一連のプロセスを経験
営業はビジネスの基本です。営業職の経験はどの仕事にも活きます。
その営業職の仕事の一連のプロセスを短期間に全て実践で体験していただきます。
日本で飛び込み営業をするのは正直大変です。ところが、スリランカに来れば私たちは外国人。国営企業や大手企業の重役に会うこともできます。

実際に2016年12月に参加した一期生は国営企業のチェアマン、CEOと会い、契約を獲得してきました。別のチームは若手事業家率いるアパレル企業から見開き2ページの契約を獲得しました。

英語で雑談をするのは難しいですが、英語の商談で伝えること、確認することはシンプルです。極論、商品の案内をして、てニーズがあるかどうかが確認できればいいのです。難しく考えすぎず、とにかくやってみましょう!


3 広告営業の仕事を短期間で体験

スリランカで唯一の日本語フリーペーパー「Spice Up Sri Lanka」!!

会社も事業(フリーペーパー事業)も立ち上がったばかりのスリランカの会社で、広告営業と企画制作の仕事を短期間で体験していただきます。
アジア(日本国外)には100誌以上の日本語フリーペーパーがあります。日本人が多いタイには20誌ほどあると言われており、現地に暮らす日本人やその国に旅行で訪れる日本人に貴重な情報を提供しています。日本からの直行便があり、歴史的にも深いつながりが、日本語が話せる人が多いスリランカですが、現在、日本語フリーペーパーは存在していません。


 
 
こちらの方にオススメ
・新規事業/拠点立ち上げに挑戦したい方
・スリランカにどっぷり浸かりたい人
・日本人がほとんどいない国に行ってみたい人
・日本とは違う環境を楽しめる人
・初めての環境でも物怖じせずに行動できる人
・興味を持って色々なことに取り組める人
・現地の人と触れ合いたい人
・チームメンバーと協力して何かを達成したい人
・現地の人も巻き込んで何かをやりたい人 

現地学生や経営者との交流、現場で学ぶインターンシップ

チームミッションの様子(イメージ)
チームミッションの様子(イメージ)
インターンシップを通して、異なる文化を持った人に対して価値提供をする経験をして頂きます。また、メンターが同行し、毎日のやりとりを通じて、個人として達成したいこと、チームとして達成したいことをサポートしていきます。
 
■メンター(指導者)の同行
■毎日目標設定ミーティングと振り返りミーティングを実施
日々自分の目標を設定してもらい、それを振り返る時間を設定します。
日々の学びや気づきをその瞬間に自分のものにしていただきます。
メンターよりその場で様々なアドバイスを受けれます。 
■個人ミッションとチームミッションの両方を実施。
個人ミッションとチームミッションを両方経験することで、
自分自身の「今」の力を計ることができます。自分自身の強みや弱みが発見できます。
 
[必要とされるスキル]
・主体性(指示を待つのではなく、自分から率先して動きましょう)
・英語力(中学英語程度のボキャブラリがあればOK。能力よりも話そう、聞こうという意欲が必要です)

[インターンを通して得られること]
・チームワーク 
・プレゼンテーション能力
・日本ではあまり知られていないスリランカの魅力を感じる。
・チームメンバーと共に力を合わせて何かを達成する。
・スリランカでの繋がり。友達ができる。

メンタープロフィール

神谷政志氏
神谷政志氏
神谷 政志氏
Spice Up Lanka (Pvt) Ltd  Managing Director 
公益財団法人日本ユースリーダー協会 国際交流・研修事業委員
タイガーモブ株式会社 エバンジェリスト
株式会社ジョブウェブ フェロー

法政大学社会学部を卒業後、新卒一期生として株式会社ジョブウェブに入社。マーケティング部マネージャー、新卒採用支援事業部長、有給インターンシップ事業部長、国際事業開発部長を経て独立。
スリランカにて生活・観光情報メディア事業、海外研修事業などを行うべくSpice Up Lanka (Pvt) Ltdを設立。公益財団法人日本ユースリーダー協会にてASEAN諸国での研修事業を企画・運営しており、日本・スリランカ・ASEAN諸国と3地域を拠点に活動中。 

なぜ、スリランカなのか?

1.英語が共通語
スリランカは多民族国家です。各民族にはそれぞれの言葉がありますが、民族を越えて使われているのが英語です。ビジネスや公文書、テレビや映画、本にも英語は広く使われています。そのため仕事をしていて英語が通じないということはほとんどありません。訛りもそれほど強くありません。一方で英語ネイティブの国とは違って、ブロークンな英語にもとても寛容な人たちですので、日本人が英語で仕事をするのに最適な環境です。

2.治安が良い
スリランカは2009年に内戦が終結し平和を享受しています。最大の都市コロンボはアジアの他の大都市に比べても、治安が良く、ゴミもあまり落ちていない清潔な街です。またコロンボはコンパクトな町で、営業や取材などで町を歩き回るのに適しています。

3.成長する経済
カンボジア、ミャンマー、ルワンダなど近年に内戦や国内問題を解決して急成長している国々が注目されています。スリランカもその国の一つで、1983年から続いていた内戦が2009年に終結。平和が訪れ、経済が成長し、海外からの投資や観光客が増加しています。海沿いや街の中心地は建設中の高層ビルをいくつも見ることができます。今後数年で景色がどんどん変わる成長を感じられるタイミングです。

4.多様な文化と観光資源
スリランカは仏教の総本山の一つであり、仏教の聖地が数多くあります。一方で、海のシルクロードに位置し、東西交流の起点でもあったため、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教と多様な宗教と文化が共存する国でもあります。大航海時代に端を発するポルトガル、オランダ、イギリスなど旧宗主国が残した歴史的な建物も大変見応えがあります。北海道の8割ほどの面積の国土に8つの世界遺産、 伝統医療のアーユルヴェーダ、世界的に知られたセイロンティー、トロピカル建築の第一人者ジェフリーバワによる建築物、野生動物を身近に見られる国立公園、世界のサーファーを魅了する美しい海、一大産出国として知られる宝石など、スリランカにはたくさんの観光資源があります。短期インターンの前後に旅をするのもオススメです。

5.親日国
スリランカと日本のつながりとして、忘れてはいけないのは大の親日家であるスリランカ初代大統領ジャヤワルダナ氏。セイロン(現スリランカ)代表としてサンフランシスコ講和会議に主席したジャヤワルダナ氏は、セイロンの日本への賠償請求を放棄し、アメリカ・ソ連・イギリス・中国による日本の分割統治案に反対する旨演説し、日本の国際社会復帰に道筋を作ったと言われています。また、死去に際し、「右目をスリランカ人に、左目を日本人に」と遺言を残し、実際に日本に片目が贈られています。この歴史的なつながりを始め、スリランカの国際空港、最初の高速道路は日本の支援により作られ、今も日本の支援により空港の拡張工事が進められています。スリランカには日本への渡航経験者も多く、日本語が話せる親日家が多くいます。
発展著しいコロンボの街並み

●○●土日祝も休まず営業♪経験豊富なスタッフがいつでもご相談に乗ります!●○●

説明会や個別カウンセリングで不安や疑問を解消!

 


ボランティア・スタディツアーデスクは日祝営業しております。お気軽にご来店、お電話でご相談ください。ボランティア経験豊富なスタッフがお待ちしております。

ボランティア・スタディツアーデスク

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
営業時間:平日 11:00~19:00 / 土曜日 11:00~18:00 / 日曜日・祝日11:00~17:30

TEL 03-6836-2551

お申込みはこちら

お問い合わせ

スタディツアーデスクへのご予約・お問合わせ

 03-6836-2551 / 03-5360-4733

※スタディツアーはスタディツアーデスク以外の店舗ではお取扱いしておりません。お問合わせ先にご注意ください。

営業時間:平日 11:00~19:00 / 土・日・祝 10:30~18:00(ご来店は11時より受け付けます)
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:百瀬 創


旅行企画・実施

株式会社エイチ・アイ・エス
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー11F
観光庁長官登録旅行業第724号(社) 日本旅行業協会正会員

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm

団体の皆様

スマホ版へ

よくある質問

初めての方へ

タイプ別おすすめツアー

中高生編

学生編

社会人編

ブログ

ツイッター

旅カレッジ

メルマガ登録

体験投稿

マンガで見る旅のトラブル

海外旅行保険

H.I.S. CSRレポート

 

 

お問い合わせ スタディツアー 03-6836-2551

旅のオーダーフォーム

旅人塾

H.I.S.バリアフリーデスク

H.I.S.ネイチャーワールド

H.I.S.海外発航空券デスク

H.I.S. × 宇宙