自然写真家 野村哲也氏と行く ブータンの原風景と文化にふれる写真紀行7日間 神秘の花 ブルーポピーをさがして

ネイチャー&ワイルドライフフォトグラファー野村哲也氏と行く

ブータンの原風景と文化にふれる写真紀行7日間

~神秘の花 ブルーポピーをさがして~

398,000円

(旅行代金/お一人様/2名1室利用時/燃油サーチャージ含む
※表示代金の他に国内空港施設使用料・空港保安料及び海外空港諸税が別途必要です。
※ビザ手配の関係上、ご出発の1ヶ月前にはパスポートが必要になります。

dtailimg

出発地を選択してください。

募集終了しました。


お探しのツアーが見つからない場合は、お電話でご相談ください。

特徴

特徴

Characteristic

★ツアーポイント★

世界120カ国以上を訪れた写真家 野村哲也氏が同行&撮影レクチャー
神秘の花、「ブルーポピー」などの高山植物の撮影ポイントへご案内
家庭訪問、伝統舞踊の鑑賞、村人との交流など素顔のブータンの暮らしにふれながら人物撮影
帰国後は、野村哲也氏 同席にて「写真選考会」を開催!
写真選考会にて選ばれた写真は、ポストカードにしてハ村のビジターセンターに届けます。また、売り上げは、ハ村の地域に根ざした観光維持費用に。

★最新のブータン旅のブログ★

ネイチャ-&ワイルドライフフォトグラファー 野村哲也氏


野村哲也(のむらてつや)

1974年、岐阜県生まれ。“地球の息吹”をテーマに、北極圏、南米、南極などに被写体を追い求める。2007年からチリのパタゴニア、2010年から富士山&熱海、2012年から南アフリカ&イースター島と2年ごとに住処を変える移住生活を開始。今までの渡航先は120ヶ国に及び、秘境ガイドやTV出演、マスコミのアテンドに携わる。国内では写真を織り交ぜた講演活動を続け、著書は多数。13作目となる最新刊は「ナミブ砂海(福音館書店)」。

著書
『ペンギンがくれた贈りもの』(風媒社,1999)
『砂漠の花園』(福音館書店,2003)
『100年にいちど咲く花 プーヤ・ライモンディ』(福音館書店,2005)
『僕のデナリ国立公園ガイド』(福音館書店,2009)
『PATAGONIA』(風媒社,2010)
『パタゴニアを行く』(中央公論新社,2011)
『世界の四大花園を行く』(中央公論新社,2012)
『イースター島 ちいさくて大きな島』(福音館書店,2015)
『イースター島を行く』(中央公論新社,2015)
『ナミブ砂海』(福音館書店,2016)

写真家 野村哲也が贈る“地球の息吹” 

撮影ポイント①ヒマラヤに咲く可憐な高山植物たち

ブータンは標高2,000以上の高地にあり、比較的簡単に珍しい高山植物たち出会うことが出来ます。
今回の撮影ポイントとなる、「チェレラ峠」は、パロとハという地域を隔てる、ブータンの自動車道路最高地点(3,800m)の峠です。

チェレラ峠は、高山植物や野鳥の宝庫。
5月~6月には、赤、白、黄色の色とりどりのシャクナゲが咲き乱れ、
6月には、サクラソウなどの可憐な花が夏の始まりを彩ります。

そして、チェレラ峠ではブータンの国花である「ブルーポピー(青いケシ)」をみることができます。
ブルーポピーは、標高3,000~5,000mのヒマラヤや中国西南部の秘境でしか見ることができなく、幻の花とも呼ばれています。

青の色は、まるでガラス細工のように透き通り、見た人を虜にしてしまう美しさがあります。

★今回のツアーでは、2016年の6月に野村氏が実際に撮影された
ポイントへご案内します!!

撮影ポイント②素顔のブータンにふれる

幸せの国といわれるブータンの魅力はなんといってもブータン人そのもの。初めて会ったのに昔からの知人のようなどこか日本人に似ている顔立ち。そしてシャイなところも親近感を持つでしょう。ヒマラヤの奥深い小さなその国に住んでいる人々は、キラキラした瞳、内側から溢れでてくるような自然な笑顔がとても印象的です。
このツアーでは、ブータンらしい美しい田園風景のある農村「ハ」のご家庭を訪問し、一緒に食事をしたり伝統舞踊を鑑賞したりしながら、地域住民との交流を通じて文化を学び、自然な形で素顔のブータン人の写真撮影を行うことができます。写真撮影だけでなく、ブータンの幸せの価値観にふれ、記憶に残る体験となるでしょう。

撮影ポイント③ 幸せの国を支える仏教文化にふれる

第2展望台から望むタクツァン僧院
第2展望台から望むタクツァン僧院
ブータンが幸せの国と言われる背景には、仏教文化が政治・経済・教育・暮らしの中に色濃く溶け込んでいるからと言われています。
ブータンは世界唯一の仏教を国教とする国で、チベット仏教を信仰しており、毎日お参りやお祈りを欠かせず、殺生を好まず、相互扶助の精神で助け合って生きているのです。
このツアーでは、数ある寺院の中でも、実際にスタッフが下見をして最もブータンらしいと言われる寺院観光を盛り込んでいます。

密教らしい雰囲気がありブータン最古といわれゾン(役所と寺院が融合した城塞)のシムトカ・ゾン、標高約3000mの山肌に張り付くように建てられたタクツァン僧院などを訪れます。

タクツァン僧院は、撮影スポットの第2展望所まで登りますので(所要時間往復約4時間)、歩きやすい靴でご参加ください。
※寺院内部は撮影不可となっています。
ブルーポピー チェレラ峠 ブータンの家庭料理 タクツァン僧院 ハ村を一望できる場所 「カツオゴンパ」 ドゥゲ・ゾン均近郊で見られるニジキジ
一眼レフデビュー応援企画第一弾!世界120ヶ国を旅する写真家 野村哲也氏 「世界を撮る 写真を旅する」旅✖️写真講座
開催日:1月14日(土)11:00~13:00
お申し込みはこちら

一眼レフデビュー応援企画第二弾!世界120ヶ国を旅する写真家 野村哲也「世界を撮る 写真を旅する」明治神宮で旅✖️写真撮影会
開催日:2月4日(土)10:00~13:00
お申し込みはこちら

旅人×写真家×NGOが語る「ガイドブックに載っていない素顔のブータンの歩き方」<スペシャルティ珈琲付き>
開催日:2月18日(土)11:00~13:00
お申し込みはこちら 

募集終了しました。


お探しのツアーが見つからない場合は、お電話でご相談ください。

お問い合わせ

エコツアーデスクへのご予約・お問合わせ

0570(05)2300または 03(5360)4810 / 03-5360-4733

※エコツアーはエコツアーデスク以外の店舗ではお取扱いしておりません。お問合わせ先にご注意ください。

営業時間:平日(4月~9月) 11:00~19:00、(10月~3月)10:00~18:00 / 土・日・祝(通年) 10:30~18:00(ご来店は11時より受け付けます)

住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
総合旅行業務取扱責任者:丸山 光洋


旅行企画・実施

株式会社エイチ・アイ・エス1
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー11F
観光庁長官登録旅行業第724号(社) 日本旅行業協会正会員

search

ツアーを検索する

目的
行先
日付
出発地

sidesrc_btm